あさたろうシリーズ

ねぎぼうずのあさたろう〈その5〉
ねぎぼうずのあさたろう〈その5〉
飯野 和好

とってもジャンル分けしにくい絵本で、悩みに悩み「美味しい絵本」としてくくってしまいました。
ねぎぼうずのあさたろう〈その5〉は図書館から時々借りてくるのですが、かなり独特なねぎぼうずのあさたろうワールドで、どんな風に楽しんで読めばいいか、いまだによく分からない絵本です。
なぜ「美味しい」絵本としてくくったかというと、ねぎぼうずあさたろう、にんにくにきちなど、登場人物全て野菜である、という単純な理由もありますが、中でも〈その5〉に登場する名もないとろろ飯屋のご主人が、非常に優しげで美味しそうな長芋さんで、このとろろ飯、食べてみたい!と思う感じだったからです。
シリーズものですから、あさたろうファンの方はたくさんいらっしゃるかな?とおもいます。
あさたろうファンの方、よろしければ「どこが楽しいか」コメント頂けると嬉しいです。…。
とはいうものの、どこが楽しいのかよく分からないけれどまた読みたくなる絵本です。「おとっつあん」「せっしゃの不覚」など子どもにはよく分からない言葉が多用されているのに、です。
おそるべし、あさたろうシリーズ。

野菜嫌いと言うほどでもない野菜嫌いの子へ

ピーマン・にんじん・たまねぎ・トマト!
ピーマン・にんじん・たまねぎ・トマト!
平田 昌広, 平田 景

この絵本、「どれもこれも野菜は食べません」という少数派よりも、「これもこれも食べられるけど、この野菜だけは嫌!」というような多数派の子ども達にお薦めの絵本です。
このお話に出てくるゆうちゃんはキャベツはOK、ピーマンもにんじんもタマネギも、好きじゃないけど目をつぶって頑張れば食べられる。でもトマトだけは嫌!という女の子です。
これが我が家の子ども達3人にピッタリ当てはまり、共感出来る部分が多い絵本でした。
ピーマンもニンジンもタマネギも調理の工夫で割と食べられるのです。
でも生のトマトは甘い美味しいものでも我が家の子ども達は絶対に食べてくれません。
プチトマトも同じく嫌がるので、我が家ではトマトといえばスパゲッティやトマトケチャップとしていただきます。
絵本の中では「トマト」は使わずに「トマトジュース」を使っています。トマトジュースを使ったトマトスープ。
母の想像では、トマトスープはトマトそのもの。酸味もはっきり残っていて子ども達は嫌がるだろうな〜と思います。
でも絵本の中のトマトスープは本当に美味しそう。ゆうちゃんも「おいしい!」と歓声を上げるほど美味しいスープです。
更にレシピも書かれているので、読んだ後マネして作って食べてみたくなります。
絵本の感動さめやらぬうちに…子ども達と作ってみたいと思います。

体によさそなクレープです

いっしょにコーボくん!ムギッポのまんぷくクレープ
いっしょにコーボくん!ムギッポのまんぷくクレープ
やすい すえこ, わたなべ ゆういち

家庭で簡単に作れるおやつなら、我が家でも時々作ります。代表選手は「ホットケーキ」です。たまに、カボチャ入りにしてみると、体に良くて子ども達も喜んで食べてくれます。
「クレープ」も子ども達だけで作れるので、子供が作りたがった時には作ります。
我が家では桃の缶詰&生クリーム&カラーチョコスプレーのクレープで、シンプルあっさり味が定番です。
お野菜まで何でもクレープにして食べられたら、それはもっと体に良さそうですが
いっしょにコーボくん!ムギッポのまんぷくクレープを読むと、なんだかヘルシーなものを味わいたい気分になるから不思議です。

「ビール酵母」も登場し、活躍してくれていますが、ビール酵母には詳しくない私、さっぱりピンと来ませんが、それでも絵本のクレープはマネしてみたい感じがしました。



焼き芋大会

ばばばあちゃんのやきいもたいかい
ばばばあちゃんのやきいもたいかい
さとう わきこ

焼き芋の季節をのがさずに読んでおきたい絵本です。
ばばばあちゃんの焼き芋大会は、やっぱりばばばあちゃんらしく、普通の焼き芋とはちょっと違います。
サツマイモも焼くけれど、「ジャガイモ」「里芋」「ミカン」「バナナ」「マシュマロ」「お菓子」…子ども達の発想でたくさんの「実験的」焼き芋・焼き菓子が作られました。
必ず美味しいから焼いたわけじゃない、「試してみよう」というスタイルがばばばあちゃんらしくて大好きです。

---------------------
今年、我が子の幼稚園では芋パーティが企画され、焼き芋のみならず、大学芋、ジャガバター、おさつクッキーと、楽しく美味しいパーティを楽しんで来ました。
秋の味覚・秋のお楽しみとして、どれか1つでも存分に味わいたいですね。

おつきみパーティ

季節的には「秋」に読むとちょうど良いかもしれません。「おつきみパーティ」(わたりむつこ文・本庄ひさ子絵/リブリオ出版)を読みました。
特別「食」を取り上げた絵本ではないのですが、お話の中で出てくる木の実のお料理はとってもおいしそうで、途中、「くるみぱんのつくりかた」というレシピもあります。
たんぽぽちゃとくるみぱん、木イチゴ、野ブドウ、アケビ…沢山の山の幸でおつきみパーティをするというのが、本当においしそうです。

なかなかマネすることはできない「おつきみパーティ」ですが、穏やかに、身の回りにあるものを大切に使って豊かな食卓を作る、という意味で、とっても「美味しい」絵本でした。

サラダでげんき



サラダでげんき」は小学校の教科書にも載っているそうですが、言葉にリズムもあり、長新太さんの絵もピッタリで、是非小学校前の幼児期から読み聞かせたい絵本です。
女の子が体の具合が悪い母親のために「何か元気になることをしてあげよう」と考えます。
肩たたきが良いかしら、などいろいろ考えた末に、「サラダを作ってあげよう」と思い立ちます。
キャベツとキュウリとトマトを切って、さあ出来上がり、と思ったその時、ねこがやってきて「サラダにはかつおぶしを入れると良いよ」とアドバイス。
その後も続々と色んな動物がアドバイス。ハムも入れて「ウミノコブ」もいれます。
ウミノコブ、我が家の子ども達は意味がわからず「なに???」と聞いてきました。「ウミノコブ、ウミ  コブ、ウミノ 昆布」と繰り返し読んであげると納得。

野菜や海藻の嫌いな子でも、「絵本を再現してみる」感じで、楽しんでサラダを作ってみても良いかもしれませんね。

アイスパーティ

(ばばばあちゃんの)アイスパーティ(さとうわきこ作)は、本当においしそうです。
ばばばあちゃんのこの一連のシリーズは、四季折々の楽しい「食」を描かれており、季節季節にそれぞれあった本を読みたいものです。
アイスパーティは、暑い夏をのがさず読みたい。
堅苦しい事なんて一つもありません。グミやマーブルチョコを水と一緒に凍らせるのも良し。果物をくりぬいてそのまま凍らせるのも良し。
「食べる」に限らず「涼感をかもしだす」ために、お花を水に入れて凍らせるのも良し。

子どもが自分で読んで、すぐまねできる、子どもにピッタリの「食」絵本です。

スープ

野菜スープをテーマにしたお話はいくつかありますが、我が家の一番人気絵本は「オオカミと石のスープ」(アナイス・ヴォージュラード作)です。
くたびれオオカミがめんどりの所へやってきます。
石のスープを作ってくれるというので、めんどりは迷います。
「このオオカミはそうやってだまして、私を食べようとするのかしら?」

石のスープ作りが始まると、ご近所さんたちが集まってきてにぎやかなスープパーティになるのです。

さて、オオカミは動物たちを食べるのでしょうか。

想像しながら、読んでみてくださいね。

おいしい絵本

読んでいるだけで思わずつばをごっくん、としそうな、美味しい絵本はたくさんありますが、その中で読んだ二つをご紹介します。
マフィンおばさんのぱんや」(竹林亜紀作・河本祥子絵/福音館)
こちらは、美味しいと評判のマフィンおばさんのパン屋で暮らしている、アノダッテという男の子の話です。マフィンおばさんの見よう見まねでパンを作ってみるのですが…。店中にあふれる超デカぱんになってしまい、大変なことに!
なのにマフィンおばさんは怒りません。「私もこんな大きいパンを焼いてみたかったのよ」といってくれます。おいしくて優しいお話。

サンドイッチ作ろう」(さとうわきこ作/福音館)
こちらは全く違う美味しい話。ばばばあちゃんとサンドイッチを作るのですが、
トマト嫌い・キュウリ嫌いな子ども達でもこんな楽しいサンドイッチ作りならきっと思わず食べてくれるのではないかと思えるようなサンドイッチ作りの話です。
キュウリとトマトを買ってきてでもすぐに試してみたくなります。

季節物2

今の時期をのがさず是非読みたい本のひとつが、(ばばばあちゃんの)「よもぎだんご」(さとうわきこ作)です。
家にもほったらかしの裏庭によもぎがたくさん生えています。

子ども達に「よもぎだんご」を読み聞かせると、子ども達はまず「よもぎたんけんたい」というワッペン作りをはじめました。
覚えたての字で「よもぎたんけんたい」と紙に書き、四隅にセロテープを貼って(丈夫にするため)、安全ピンで服に付けて完成。
いざ!よもぎとりへ!ということでみんなでビニール袋片手によもぎつみをしました。
沢山とったら、家へ帰って、あとは本の通りによもぎをゆでて、きって、すって団子を蒸して、混ぜて、あんこを包んで完成。
お弁当箱につめて、もう今日が最後の見頃の桜を見にお花見へ出かけました。
さくらもきれい。よもぎ団子もうれしい。
とっても楽しい「よもぎだんご」の一日でした。

<< | 2/3PAGES | >>

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM