強がる理由

JUGEMテーマ:読書


子どもはみんないとおしい…といっても、
リアルな毎日の暮らしの中では、

かわいいはずの子どに対して、
いらっとくることとか、
むかっとくることとか

結構あるものです。

わが子にいじわるするよその子には、普通に腹が立ちますし、
何この子!?
と心の中で叫びたくなることも、ないわけではありません。

だって
大人だって、子どもだって、
いろんな人がいますから、
なんか独りよがりな感じの人、
言葉がきつくて、いちいち耳障りな人、
わがままをおしとおそうとする人、

いろいろいますから。

でも、一見いじわるな人には、とくに子どもの場合だと
意地悪したくなる理由が、ある場合が多いんです。

妹が生まれたばかりで、お母さんにかまってもらえなくなっているとか、
何となくイライラのつのる毎日を送っているとか。

この絵本に出てくるモモゴンも、まさにそんな一人です。

一見タカピシャで、
一見わがままで、
一見独りよがりで、
一見意地悪で

受ける印象は、まさに怪獣。だからモモゴン。

だけど、モモゴンは、お父さんもお母さんもいなくて、
さみしいっていう気持ちを抱えていて、
でも、さみしいっていう言葉は決して言わなくて、
いま面倒見てくれているお母さんにも、気にってもらおうとはしないで、
「まま母」「まま父」なんて呼んで、
「こんな庶民の暮らし!」なんて周りに悪態をついて、

みんなに嫌な思いをさせながら暮らしています。

だけど、みんな、モモゴンの強がりなんだっていうことが、
絵本を読めばよくわかって、
そんなモモゴンに、
やさしくしてあげたくなる絵本です。

きっと優しくしたからって、
モモゴンはモモゴンのままで、
ありがとうをいうどころか、いつだって悪態をついて行くんでしょうけど、

それもモモゴン。
強いモモゴンがんばれ!
と応援したくなる絵本です。

是非、読んでみてくださいね。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM