ガウディの絵本

評価:
レイチェル ロドリゲス
光村教育図書
¥ 1,575
(2010-05)

JUGEMテーマ:読書


私自身も、ものづくりを生業としている一人ですから、
お客様がが喜ぶものをつくりたい、という意識は常にあります。

「お客様が喜ぶもの」と一言で言ってしまえば簡単そうですが、
実際には個人の主観の違いや、
年代の違いや、
性別の違いや、
好みの違い、
感性の違いなど、
様々な要因が絡み合っての「喜び」となりますから、
最終的に「何が喜ばれるものなのか」を追求するのは、
この仕事をしている以上は、
永遠のテーマともいえます。


ある人には喜ばれるけれども、
ある人には喜ばれない。

たくさんの人にはそこそこ喜ばれ、嫌われはしないけれども
「すごく好き」とは感じてもらえない。

嫌とは言われないけれど、印象にも残らない。

ただ一人の人には熱狂的に喜ばれているけれど、
多くの人には喜ばれない。

などなど、「お客様が喜ぶもの」というものは
様々な側面があるからです。

でも、

あえて頭を整理して、わり切りを持って答えを出すなら、
ものづくりというものは、
それを依頼してくれるお客様があってこそ、
仕事として成立していく物ですから、
焦点を合わせるなら、
それは、「依頼人のお客様の喜び」に
きちんと焦点を合わせたものづくりをすればよい、
ということになると思います。

ひらめきの建築家ガウディは、
人並み外れた感性と、
どんなデザインでも実現させえる技術力を併せ持ち、
空前絶後といってもいいほどのオリジナリティあふれる建造物を世に生み出した建築家です。

ガウディのつくる建造物は、
それまでの「おうち」の概念を
根元から覆し、
直線はなく、
意味のある曲線で構成された、ユニークすぎる建造物でしたから、
決して、みんながみんな、
「最高!」
とほめたたえたわけではないといいます。

時に人に受け入れられ、
時に人に拒まれ、
そして時には熱狂的に喜ばれ、
多くの人の心に、
「ガウディの建造物」
というオリジナル性が刻み込まれていったといいます。

絵本ですので実在の人物を描くには、情報が少ないといえば少ないのですが、
それでも、
ガウディとはどんな人?
を知るのに、とてもわかりやすい絵本だと思います。

ぜひ、読んでみてくださいね。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM