きっかけがあれば

JUGEMテーマ:育児



「今まで親しくなかった誰かと仲良くなる」ということの始まりは、
たいがい、
ほんの些細なことがきっかけとなってスタートすることが多いものです。

あいさつを交わしたとか、
ちょっとものを拾ってあげたとか、
声をかけてもらったとか、
たまたま隣の席になったとか、
クラス替えで、同じクラスになったとか、
走っている姿をみたら、思いのほかかっこよかったとか、
ご飯を食べてる表情が、意外に愛らしかったとか。



さて、ご紹介する絵本は、
おじいさんと10ぴきのおばけのシリーズもので、
いつも、おじいさんとおばけとの間に起こる、
様々な物語を描かれている絵本ですが、

「こいぬと10ぴきのおばけ」は、

おじいさんとおばけたちが仲良く暮らすおうちに、
小犬がやってきた、というお話です。

小犬は、とってもかわいいし、
小犬は、とってもいい子だし、
憎らしいか愛らしいかっていったら、絶対愛らしいし、
もっと言えば、おりこうさんの小犬だし、

全然、一つも、責めるべきところなんてないのですが、

このおばけたち、小犬のことはなんとなく気に入らないんです。

なぜかって、その理由は、

おじいさんにかわいがられているから。


今まではおじいさんは、自分たちだけを可愛がってくれたのに、
いまでは、どこにいても小犬がいっしょで、
おじいさんもいつも小犬を可愛がるからです。

自分たちに対するおじいさんの、愛情が
減ったわけではないことぐらいわかるけれど、
それでもなんだか、
気に入らない。

この小犬、好きになれない。
ちょっと妬ましいかんじ。

だけどおばけたち、決して小犬をいじめたりしません。
だって、おじいさんが「子犬となかよくして」といったんですから。

大好きな、おじいさんの言いつけは、
守りたいんですから。

だけど、おばけたちは、
子犬とある一定の距離をとって
いじめはしないけれど、
話しかけもせず、
一緒に遊ぼうともしなかったんですが、

…そんな中、ある事件が起きました。

おばけたちは、この事件をきっかけに、子犬と仲良くなります。


誰かと仲良くなる、ということは、
些細なきっかけ。
些細でないかもしれないこともあるきっかけ。

このきっかけを逃さずとらえることが、
仲良しの始まりなんだと思います。


おじいさんと10ぴきのおばけのシリーズは、
信頼関係で気付かれた「家族」の物語でもあります。
ぜひ、読んでみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM