このお話の裏では…

評価:
長谷川 義史
小学館
¥ 1,575
(2010-07-08)

JUGEMテーマ:読書


ぼくはじゃがいものジャームスです。
家族親戚みんなで 北の国から この八百屋さんに来ました。

ところがです、土曜日のあさ、
とうさんのジャックはやまだのおくさんに買われて行ってしまいました。
悲しい話です…

同じように、
かあさんのジャジャリンも、
妹のイモーヌも
それぞれにどこかのおうちのお母さんに、買われて行ってしまいました。

悲しい話です…

そしてついに「ぼく」ジャームスも。

僕は、買われていったおうちでお料理されました。


そして、場面は変わって、ここはとある幼稚園。
お昼の時間です。
子どもたちはそれぞれにお弁当のふたを開けました。

すると、別のお友達のお弁当の中に、ちょっと姿の変わったお父さんがいました!
自分も、かっこいいポテトフライになっていました。
お母さんのジャジャリンも、これまた別のお友達のお弁当箱の中で、しっとりポテトサラダになってにっこりしています。
妹のイモーヌも、また別のお弁当箱の中で、なにやらお団子状の串刺しのおかずとなって元気そうです。

まさかの家族再会。

それだけではありません。

別のじゃがいも仲間の、あの子も、あの子もあちらこちらのお弁当箱でにっこりしています。

---------------------

という、こういうじゃがいも家族の別れと再開の物語。

…だけでは終わらないのが長谷川さんの絵本の面白いところです。

このお話の裏では、何かが起こっています。

挿絵のなかの「メインじゃない部分」では、何かが起こっています。

確実に、なにやら恐ろしいことが起こっています。

お話とは関係ない部分で、
「このお話の裏では何が!?」
というハテナマークを解明しようと、
もう一度ページをめくって、読み返したくなる、
そんな挿絵のひとひねりがある絵本です。

さて、何が起こっているか、
ぜひ、読んで確かめてみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM