鬼才の絵心

JUGEMテーマ:読書


こちら「みんななにがすき?」という絵本、

何がおすすめかっていいますと、

あまりにもシュールすぎるこの挿絵、なんです。

お話的には、
森の動物たちが

それぞれに自分の好きなことをお話していって、
最後には
猛獣としての王者ライオンが、
恥ずかしそうに、

「おしりごっつんこがすき」

といい、みんなでごっつんこしあってたのしく終わる、

という、

ただそれだけのお話で、

どちらかというと、幼稚園向けのお話で、

挿絵に求めるものは

「わかりやすさ」

だったりするのですが、

もし出会ったときには、まあ、つべこべ言わずにページを開いてみてください。

どうみても、足が妙に長すぎるんではないかと思われる「うりぼう」

どうみても、あかちゃんにしっぽがついているようにしか見えない「さる」

どうみても、得体のしれない長い生き物にしかみえない「かものはし」

どうみてもこっちのページでは一生懸命書いたけど、こっちのページでは手抜きをしたようにしか見えない挿絵のブレ、

なんかが随所にみられます。

お話よりも、挿絵に対する突っ込みで盛り上がってしまうんではないかと思われます。

どちらかというと、幼稚園で「はぁ」とぼんやり聞くよりも、
小学校高学年以上の子どもたちが読んで、

「何、この猿は〜!!!人じゃん、人!!」

「へんだよぉ!!」

と盛り上がったほうが

むしろたのしいんではないかと思われる、

そんなシュールさがあります。


ぜひぜひ、見つけて、読んでみてくださいね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM