わんぱくだん シリーズ

JUGEMテーマ:読書


こちら、図書館で1冊だけ見つけた本だったので、
シリーズものだとは分からずに借りてきましたが、
読んでみると、3人組の「わんぱくだん」の描き方が、
なんとなーくシリーズものっぽかったので、
ネットで調べてみました。

まさかの、15冊以上はシリーズ化されてるパターンでした。

16冊か、17冊か、それぐらい見つけました。
季節や出来事など、に応じて、この「わんぱくだん」が登場する物語です。

「わんぱくだん」と銘打たれていますと、
さぞかしわんぱくで、
さぞかしいたずら好きで、
さぞかし大人の手を焼かせる、
さぞかし、ジャイアン的な3人組なのかなと想像してしまいがちですが、

いえいえ、
この3人組は、
男の子2人、女の子1人の3人グループで、
一人は眼鏡をかけたお利口そうな顔をしていますし、
(スネオ的な感じではなくて、本当に素直そうな)
女の子も普通にかわいい女の子で、
ちっともわんぱく最強グループ、という感じではありません。

このどこにでもいそうな3人が、
ちょっと不思議なもりの世界に迷い込んで
「手足のあるドングリ」に出会い、
「話をするクヌギの木」にも出会い、
素敵などんぐりまつりを体験する、というのが、
この「わんぱくだんのどんぐりまつり」のお話です。


さて、こちら岩手では、季節になるとドングリ拾いができますから、
ドングリを落とす木は数種類あって、
まるっこいの、
ほそいの、
ずんぐりして黒っぽいの、
…色々なドングリがあることは経験してわかっています。

また、それを土に植えると、
あの固いかたい殻を破って、小さな芽が顔を出し、
たくましく成長することも、経験してわかっています。

そんな秋のドングリの季節を逃さずに、
自分の体験も交えながら、
たのしく読みたい絵本です。

ぜひ、読んでみてくださいね。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM