きみがうちにくるまえ

評価:
マリベス ボルツ
あすなろ書房
¥ 1,365
(2007-12)

JUGEMテーマ:読書



このお話は、とある野良犬だったワンこが、とある家庭に引き取られ、
御主人となった坊やから沢山の愛情を注いでもらっているところから始まります。


かわいいワンちゃんを見つめながら、
あたらしいご主人となった坊やは、
このワンちゃんが「きみがここに来る前のこと」に
思いをはせます。


きみがここにくるまえ、きみはどんな風に暮らしていたの?
君の前の御主人は、きみと遊んでくれたの?
一緒に走ってくれたの?


でも坊やは気づきます。
この愛くるしいワンちゃんは、
もしかしたら大切にされていなかったかもしれない、ということを。

だって、このワンちゃんに出会ったのは、
保健所の檻の中。
人を見ると、おびえて、尻尾を体に巻きつけていたんですから。

保健所の人も、
「きっとこの子は犬にとって、よくない暮らしをしていたかもしれない」
といっていたんですから。
この犬が、保健所に連れてこられた時は、
汚れていて、
お腹もひどくすかせていたんですから。

この坊やは、こう思って納得することにします。
きっと、前の御主人は、
君のことが分からなかったんだね。
君がトイレを失敗しちゃうこととかも、
わからなかったんだね。


-------

このお話では、このワンちゃんが、
このうちにくる前に、
どんな暮らしをしていたのか、
明確には書かれていません。

ですが、読んでいくうちに、子供にもわかります。

このワンちゃんは、このうちにくる前は、
生きることが、とても大変だったんだろうな、と。
ご主人に愛されるような暮らしでは、なかったんだろうな、と。

「すてられる」

そういう悲しみを経験したワンちゃんなんだろうな、と。

辛くても、生き延びて、
そしてこの家族に出会えてよかったね、と。


「ペット」を飼い始めることは簡単なことですが、
いつくしんで、命を育てることの大切さを、
子供も感じることのできる物語です。

是非、読んでみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM