バグコンはかせのねずみとり

JUGEMテーマ:読書


とっても元気が出るお話です。

バグコン博士は発明家。
オーラカさんという家政婦が、身の回りの世話をしてくれています。
あるとき、オーラカさんは悲鳴をあげました。
リビングに、ネズミがいたのです。

すぐにバグコン博士は、とても素敵なネズミ捕り「第一号」を発明しました。
ちょっとばかりおおがかりなネズミ捕りだったものですから、研究室のドアから出すことができず、失敗。

次にバグコン博士は小さなネズミ取りをたくさん作って、家のあちらこちらに置きました。
ところがあんまり慎重に、ネズミ取りをあちらこちらに置いたものだから、どこに置いたのかわからなくなって、今度はバグコン博士自身がネズミ捕りにかかってしまう始末。

それなら、とバグコン博士は「ネズミ捕りの地図」を作ることにしました。
「ネズミ捕りの地図」さえあれば、もう、自分がネズミ捕りにかかってしまうことはないでしょう…と思ったのに、そそっかしいバグコン博士のことですから、ネズミ取りの場所を移動してしまっても、忘れているかもしれません…!

バグコン博士はまだまだめげません。次にバグコン博士は…

---------------------------------

「ネズミ」という小さな敵との戦いは、長く、そして壮大です。
これでもか、これでもかと失敗続きのバグコン博士。
それでもめげずに、次の策を考えるところが、やっぱりバグコン博士のすごいところです。

ある意味、ばかばかしい部分があっても、なりふり構わず一生懸命に立ち向かうって素敵なことです。
なんだか、意味もなく、生きる元気がわいてきます。

この失敗を嘆くよりも、次の策を考えればいいだけ。
10回失敗したなら、11回立ち上がればいいだけ。

そんな風に前向きな気持ちになれる物語です。

震災で、気持ちが沈んでしまっている皆さんに届けたい物語です。
ぜひ、読んでみて、そして元気になってくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM