かかしのじいさん

「田んぼとかかし」
この風景は、水田地帯ではよく見る光景で、いかにも日本の田園地帯らしい、穏やかでのんびりとした風景の一つですが、さて、その効果はというと…どうなのでしょうね。

もしかしたら鳥にもうっかりさんや、おりこうさん、わすれんぼさん、こわがりさん、、、などいろいろなタイプがあって、
「何やら人のようなものが立っているから近づかない」と思う鳥、
「少しづつ近づいてみて、安全だったらまた来よう」と計画的な鳥、
「全然平気さ」と言ってかかしの肩に止まって遊ぶ鳥、、、
などそれぞれなのかもしれません。

効き目があるのかないのか、いまひとつよくわからないかかしではありますが、
かかしのある風景は、とても田園地帯らしくて、素敵な味を醸し出してくれている存在です。

「かかしのじいさん」はそんなかかしと、
稲をついばみに来るスズメとのやりとりを切り取った物語です。
スズメが来るたびに、かかしのじいさんは「あっちに行け!」と追い払いますが、
スズメはちっともかかしのじいさんを怖がりません。

かかしのじいさんはじいさんで、そんなスズメに手を焼きながらも、
いざ丸一日スズメが来ない日があると
なんだかさみしいのう、、、と思う始末。

あるとき一羽のスズメがかかしのじいさんのところによろよろ飛んできてぷっとふんをしてしまいました。かかしのじいさんはスズメをおこって追い払いましたが、しばらくすると、そのフンからは芽が出て、そして黄色い花が咲きました。
スズメのフンの中に、花の種が混じっていたのです。

粋なことしよるわい、、、、と思ったかかしのじいさん。
ところがそのころ農家のおじさんは、カカシではスズメよけの役には立たない、ということで、網をかける計画をしていました。
網をかけられたら、きっとスズメたちは死んでしまうことでしょう。

そこでかかしのじいさんは、、、

------------------------------

敵対する立場同士にありながら、その中にある心の触れ合いを描いた物語です。
ぜひ、読んでみてくださいね。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM