落語絵本 かえんだいこ

JUGEMテーマ:読書


我が家の長女は、この春、中学生になりました。
震災の影響で、当初の予定より1週間遅れた新学期のスタートでしたが、
新しい門出に、娘はわくわくしながら登校しました。

この長女は、それほど親の手も焼かせずに育った子ではありますが、
決して器用に物事を進められるタイプではないので、
何事も人一倍時間をかけながら一つ一つ克服していくがんばり屋さんです。
長女がまだ3歳の頃、まだ父親が生きていて、アルコール依存症でずいぶん困難の大きい暮らしをしていましたので、
小さな体の中に、人にはわからない大きな悩みや不安を抱きながら育った時期もありました。

そんな長女が5年生なった時、習字の時間に担任の先生が言いました。
「これから、この半紙に、漢字を一文字書いてもらいます。
 皆さんが、自分で"一番大切だと思うもの"を漢字一文字で表して書いてください」
という指示でした。

子どもたちは、それぞれに考えました。そして書きました。

「愛」
「心」
「夢」

…多くの子どもたちはそういった素敵な一文字を書いていました。
我が家の長女はなにを書いたかというと、

「命」

太いしっかりとした筆づかいで、堂々とかかれた「命」という字は、
親バカですが本当に素晴らしくて、
あぁ、この子はちゃんと大切なことは何かわかって育っている、
とうれしくその字を見たことを、昨日のことのように思い出しました。

その長女はもう12歳。中学生になると親の読み聞かせにはあまり耳を貸さず
自分で好きな本を読んでいます。

母の読み聞かせは、まだお母さん子でいてくれる長男へ、聞かせることが日常になりました。
昨日読んだのは、「かえんだいこ」。
落語絵本です。

落語絵本は、その見事なお話の転結で、黙読しても楽しいのですが、
言葉のリズムの楽しさを味わうには、やっぱり声に出して読むことです。

とある古道具屋のさえない主人がしいれた古太鼓が、
信じられないほどの値打ちのある「かえんだいこ」だということで、
お殿様にとんでもない高値でかってもらえることになり、、、
さてさて、このさえない古道具屋の主人は、、、、

というようにお話がすすみます。
あんまり深いお話ではないですから、ここではこの程度のご紹介にしておきますが、
しっかり落ちがあるお話です。
元気に明るく読んであげたい絵本です。

ぜひどうぞ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM