にぎりめしのすきなだいじゃ

JUGEMテーマ:読書


震災後、数日の間断水と停電を経験し、水の大切さを身をもって体験することができました。
停電も不便ではありますが、水はまさに「命の水」。
これがなければ生きることができないのに、今までなんと、無意識に使ってきたことかと反省するきっかけになりました。
手を洗い、顔をあらい、お風呂に入ることは命のお洗濯、
物を食べ、食べた後の片付けをし、水を飲むことは命をつなぐうえで欠かせず、
一日数回のトイレのたびにもかならず水は必要で、
同じ場所に暮らす人の人数分、お水は消費するものなのに、それをつかって当たり前というような感覚がありました。

身の回りにある様々な自然の恵みに、一つ一つ、気づかされることのふえた今日この頃です。


さて、絵本の読み聞かせは毎日続けておりますが、不安げな子どものために、ほっとするお話をチョイスして読むようにしています。

こちらの「にぎりめしのすきなだいじゃ」はある日、山の中で一晩こすこととなった男が、偶然にも、
「今日生まれた子は、12になったときに大蛇にのまれて死ぬ」
という運命を聞かされてしまう物語。
「今日生まれた子」とはまさに男の家に生まれた息子のことでした

そこで聞いたわが子の運命の話は誰にも明かさずにわが子を育て、息子が12になった時にある知恵をつかってわが子を助ける物語。

案外簡単に、あっさりと大蛇を追っ払ってしまいますからはらはらせずに「よかったね」と感じられるお話です。

日本の昔話らしい昔話でおすすめです

ぜひ読んでみてくださいね。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM