1つぶのおこめ

JUGEMテーマ:読書


何となくドタバタ続きで更新をすっかりご無沙汰しておりました。
楽しみにしてくださっていた方、申し訳ございません<(_ _)>
今日は、ニュースで「和歌山県御坊市所蔵の「生身迦樓羅王尊像(しょうじんかるらおうそんぞう)」といういわゆる「天狗のミイラ」が、実はつくりものだった!という話に何となくほのぼのしてしまった1日のスタートでした。

天狗のミイラだけでなく各地にある「カッパの手」、はたまた「ぶんぶく茶釜のお話に出てくる本物の茶釜(→化けたたぬき?)」など、世の中には、面白いものはたくさん存在しています。
ここ奥州市にも「ぶんぶく茶釜のお話に出てくる本物の茶釜(→化けたたぬき?)」はありまして、家族で見に行って触ってきたことがあります(*^。^*)

現代の科学で、昔の人のいたずらが暴かれるのもすごい話ですが、こうやって何百年もの間「本物か!?」とうわさされるいたずらを仕掛けたいたずらの張本人も、今頃天国でにやにやと笑っているのではないでしょうか。


さて、久しぶりにご紹介する絵本は挿絵がとてもきれいな「1つぶのお米」です。
舞台はインドでしょうか。アジアンティックなタッチで、ゴールドが効いた素敵な挿絵にひかれて図書館から借りてきました。
まさか、こんなすごいお話だとは夢にも思わずに。

------------------------
あるところに、1つの王国がありました。
人々は米を作り、王様はその米を集め、蔵にたっぷりとため込んでおりました。
「飢饉になった時に米を分けあえるように」
という理由でした。

ある年、本当にひどい飢饉がやってきました。
人々はお米どころか食べるものがなく、木の根っこまで、食べるようなありさまでした。
人々は言いました。
「王様、集めていたお米を分けてください」
と。
王様は思いました。
「今分けたら、それこそお米がなくなって、自分も食べるものがなくなってしまう」
だから、王様は、一粒たりとも国民に米を分け与えようとはしませんでした

ある村に賢い娘ラーニがいました。
ラーニは、ある日、王様のところに向かう馬に出会いました
王様のお城では宴会が催されるのでしょうか、馬はたくさんのお米を運んでいます。
ラーニは、馬に積まれたお米が、ぽろぽろとこぼれているのに気付きました。
ラーニはこぼれたお米を拾いながら、馬について行きました。

城につくと、ラーニは門番に言いました。
「馬からこぼれたお米を、王様にお返したいのです」
それを聞いた王様、ラーニの心掛けが、よい心掛けだと思ったので、なにかご褒美を授けたくなりました。

「何なりと希望のものを言うがよい」

ところがラーニが望んだものは「たった一粒のお米」だけでした。
米をひと粒だけ授けるのは、なんだか王様らしくないと思った王様は、もっと希望がないかラーニに聞きました。

「では、これから先の1月の間、最初は一粒、次の日は、前の日の2倍の、その次の日はまた2倍、というように、前の日の倍の数だけお米をください」
と言いました。
最初は1粒。次の日は2粒、また次の日は4粒、その次の日は8粒、、、といったようにです。

王様は「何だそんなことでいいのか。軽い軽い」と思い、ラーニの言うとおりに米を授けることにしました。

一粒や2粒の最初のうちは、米はわずかな物でした。
しばらくすると、米は64粒になり、128粒になりました。
またしばらくすると米は4096粒になり、8192粒になりました。
王様が「結構多いものだな…」と心配になり始めているうちに、米は131072粒になり、262144粒になりました。
米蔵の米がどんどん減っていき、ラーニがもらう米は、日々2倍、2倍と増えていきました。
そしてひと月たった30日後には…

1から始まったはずの数が、2倍2倍にしていくだけで、しかもたった30日間で、こんな大きな数になるのか驚かされます。
さていくつになるか、予想外の大きさですので、楽しみに計算しながら読んでみてください。

素敵な素敵な数の絵本です。高学年の子供にもお勧めです。
------------------------




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM