大切なお友達

評価:
マデライン・エドモンドソン
あかね書房
¥ 1,470
(1978-11)

JUGEMテーマ:読書


とっても素敵なお話です。

あるところにとてもひねくれ者で意地悪な魔女がいました。
魔女は山の中の鷹の巣に、ずっと一人で暮らしていました。
もちろんお友達なんかいません。
お友達がほしいとも思いません。

魔女はこれまでだって、今も、一人でへっちゃらなのですから。


魔女の仕事は、夜街に生き、人々を怖がらせることでした。
毎晩毎晩、夜になると街へ出かけ、それは上手に人々を怖がらせます。

ある時、魔女がいつものように仕事に出かけると、空になった鷹の巣に、カッコウがやってきました。
カッコウは、ほかの鳥の巣にわざと卵をうみつけ、雛を育ててもらう鳥です。
カッコウは魔女のすむ鷹巣に暖かそうな肩掛けがあるのを見つけると、そこへ卵を産んで飛び去って行きました。

さて魔女は帰ってくると驚きました。見たこともない卵がそこにあるのですから。
そして心配する山の鳥たちの声をよそに、魔女が自分で卵を温め始めました…

すると13日目に…



----------------------

初めての雛育てで、魔女は変わっていきます。
いつの間にか雛は魔女にとって大切な存在になって行きました。
むしろ大切な「友達」になっていたのです。


魔女にとって大切な愛しい存在への思いと、広い世界へ飛び立とうとする雛の思い。
母が子思う気持にも似ています。

今までたった一人の友達もいなかった魔女が、たった一人の大切な雛にであう素敵な物語です。
ぜひ、読んでみてくださいね。


コメント
nanamiさん、新年おめでとうござます。
今年もよろしくお願いします<(_ _)>

魔女のたまごは図書館で出会いましたが、「課題図書」のシールが貼ってあったので、割と最近発行された本なのかと思っておりました(*_*;

小学生のころから御存じなのですね!

素敵な絵本ですよね(^O^)
  • atu
  • 2010/01/17 2:56 PM
遅ればせながら新年おめでとうございます。
今年も更新を楽しみにしております。(*^□^*)

さて「魔女のたまご」 なつかしい〜!!
小学生の頃、魔女のお話にはまっていろいろと読みあさっていた私に
司書さんが「これもおもしろいよ」と手渡して下さった1冊です。
美人のお姉さん司書さん、どうされてるのでしょうか…

すっかり忘れていた司書さんを表紙を見たとたんに思い出しました!
  • nanami
  • 2010/01/16 7:47 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM