ぼくはネズミが

JUGEMテーマ:読書



あー、僕はどうしてネズミなんだろう。いつも誰かに追いかけまわされて、逃げていなくちゃならない。
つくづくネズミでいるのは嫌になっちゃったな。

と、ねずみのエトは思いました。
すると見たこともない仙人のおじいさんが現れて、不思議な赤い実をひとつ、干支にくれました。
これを植えて、大事に育てなさい。実った実の数だけ、おまえは生まれ変われるよ。

エトは仙人の言葉の通り、赤い実を植え、大事に育てました。
すると、赤い実は芽を出しすくすく育ち、12粒の実をつけました。
エトは12回、生まれ変わることができるのです。

まず、エトは思いを込めながら赤い実を食べると、「牛」に生まれ変わっていました。
草を食べてのんびりできる…と思いきや、そうではありませんでした。
人間につかまり、重い荷物を運び仕事をしなくてはなりませんでした。

こんな牛はいやだモー!ということで、エトはまた赤い実を食べました。
次にエトはつよい「虎」に生まれ変わっていました。
今度こそいいぞ、と思いきや、そうではありませんでした。
虎は…

ここまで読んで「ピン!」ときたかたは、相当察しが良い方と思います。
我が家では最後まで読んで子どもたちと一緒に「あ!このお話って…!」と気がつきました。

わからないかた、
「ねずみのエト」
「牛」
「虎」

というヒントから考えてみてくださいね。

志茂田 景樹 さんによる創作童話ではありますが、楽しい絵本でした。
ぜひ、読んでみてくださいね。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM