おおかみのおいしゃさん

おおかみのおいしゃさん (大型絵本)
おおかみのおいしゃさん (大型絵本)
Olga Lecaye,こだま しおり

絵本の世界では、オオカミはえてして愚かな存在、間抜けなキャラクターとして描かれることが多いですから、この本のように、とても賢い名医として、オオカミを描いている物語はレアな存在ではないでしょうか。

----------------
絵本を開くとすぐウサギの子どもが「おなかが痛い」と泣いて、お母さんウサギが病院に連れて行く場面から始まりますから、「あれ、オオカミのお医者さんに食べられちゃうんじゃないかなぁ」と心配しながら、ページをめくって読んでいくのですが、まずあらわれるのは、「モグラのおいしゃさん」。
もぐらのお医者さんはウサギの子に言います。「穴を掘っていれば元気になるよ」。
それを聞いたウサギの母さん、怒って「別のお医者さんに診てもらいます」と、ウサギの子をほかのお医者さんに連れて行きました。
鳥のお医者さんに見せると「飛んでいれば治りますよ」
魚のお医者さんに見せると「水の中に潜れば治りますよ」
猫のお医者さんに見せると「ねずみのタルトやパテを食べれば治りますよ」

ウサギの母さんはどのお医者の言うことも気に入りません。そんな事をしたって、ねずみの坊やのおなかが治らないことはわかりきっていますから。

困ったウサギの母さんはフクロウに会いました。
フクロウはオオカミのお医者さんを紹介してくれます。
「オオカミ!あの恐ろしいオオカミ!」
と初めはしり込みしたウサギの親子でしたが、オオカミのお医者さんはとっても優しくて、まさしく名医のお医者様でした。

----------------


自分目線でしかものを考えられないものよりも、いろいろな目線で、ものを考えることができる者のほうが優れている

というようなメッセージを感じる絵本です。
それぞれの動物たちがとっても素敵な絵で表現されているところも、この本の魅力の一つ。
ぜひ、読んでみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM