ミリー - グリム童話 

ミリー―天使にであった女の子のお話
モーリス・センダック,神宮 輝夫,ラルフ・マンハイム

センダックの絵が、とっても素敵で手に取った絵本でしたが、読んでみてとっても驚かされました。

あとがきを読むとわかりますが、1816年にヴィルヘルム・グリムが、母を亡くしたミリーという少女に、実際に送った手紙に添えられていた物語です。
ある意味、グリムから少女への、まったくの個人的プレゼントとして描かれた物語。
ずっとその少女の一家がこの物語を所有していて、その150年後に「発見」され、センダックが5年がかりで絵を書き添え、出版に至った絵本です。

グリム童話と言えば、「ヘンゼルとグレーテル」、「シンデレラ」、「赤ずきんちゃん」、「ブレーメンの音楽隊」…あまりにも有名で広く世界中で知られている物語がたくさんありますが、この物語の良さは、ひときわ際立っていると感じます。
親が子を思う愛情や、戦争の悲しみや、神のご加護や、ひと時の幸せや、人生の残酷さなどを、やさしい言葉で、ギュッと閉じ込めてある絵本です。

---------------------
昔、夫に死に別れたおんなの人が、ある村のはずれに住んでしました。
自分のものと言えば、庭のついている小さな家だけ。子どもたちも次々に死んで、たった一人元気でいる一人の娘を、それはそれは大事にしていました。


あるとき、国中ではげしい戦が始まってしまいました。大砲の音も、大空いっぱいに響き渡りました。
母親は思いました。なんとしてでもこの子の命は守ってやりたいと。

母親は娘を、どんな敵でも決して寄せ付けない森の奥へ逃がそうと心に決めました。娘のポケットにケーキの残りを一切れ入れてやり、こう言うのでした。
「いいかい、これから森へ連れて行ってやるからね。森に着いたら、おまえは、もう大丈夫というところまで、どんどん進んでいくのだよ。そこで3日の間じっと待ってから、戻っておいで。」

娘は、母親の言いつけどおり、森の奥へ奥へと、進んで行くのでした…。

---------------------

結末は、ハッピーエンドともいえ、ある意味アンハッピーであるともいえます。
まったく予想のつかない展開で、最後の最後まで「え!」と驚かされる物語。
母は母なりに、子は子なりに、それぞれの解釈で、すうーっと体にしみいるような物語でした。

繊細で、自然で、やわらかなタッチの、センダックの絵も本当にみごとです。
ぜひぜひ、読んでみてくださいね。

コメント
nanamiさん、コメントありがとうございます。
グリムが「母を亡くしたミリーという少女」のために書いた、その心を想像ながら読んでみると、さらに心を打たれる感じがする絵本です。

ぜひ、読んでみてくださいませ(*^。^*)
  • atu
  • 2009/09/13 6:53 PM
おひさしぶりです☆

センダックが5年もかけて描いた絵…それだけでも見てみたいですが
C・mamaさんのあらすじとラストのコメントで、とってもこの本を
読んでみたくなりました。
いつもながらひきこまれるレビューですね〜
  • nanami
  • 2009/09/12 11:16 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM