オテサーネク

オテサーネク
オテサーネク
Eva Svankmajerov´a,Jan Svankmajer,矢川 澄子


-----------------

昔話によく登場する、「子供のいない夫婦」から、この物語は始まります。
仲むつまじく、よく働くとある夫婦。口癖は、「子供がいたらなぁ!」でした。

ある日きこりの夫は、木を切っていると、ちょうど子供の形によく似た切り株を見つけます。あんまり子供の形によく似ているものだから、それを家に持って帰ると…なんとその切り株が、本当に赤ちゃんのように声を出しました。
「おなかがすいた。何かちょうだい」と。

妻は食べ物を与えます。その切り株の子は、オテサーネク。
オテサーネクは食べれば食べるほどほしがります。

ついには、きこりの夫婦を食べ、外に出て行き、会う人会う人、次々と食べてしまいます。

オテサーネクは食べれば食べるほど体が膨らみ、食べれば食べるほど、もっとほしがってしまうのです。

そして次にオテサーネクが出会ったのは…。

-----------------


ちょっと見たところ、ロシアの昔話のような気がします。ロシアには、この手の「次々食べちゃう系」のちょっと恐ろしい昔話が多いので。
「おなかのかわ」という物語や、「ねんどぼうや」という物語にちょっと似ている感じがします。
ぜひ、読んでみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM