虫の「命」

くもんの絵童話 もすけ
かみや しん

これが一匹の蜘蛛の、ごく普通の、しかし壮絶な一生を描いた絵本であるということは、題名からはおよそ想像がつきません。

挿絵も版画での1〜2色刷り。アートな感じで表現されていますから、しばらく読み進めても、まさかこれが自然界の現実を伝える絵本だとは、思えないのです。

もすけ」は何となく図書館から借りてきた絵本ですが、読むとぐさっと心に突き刺さるような、蜘蛛の生きざまが描かれています。

蜘蛛のクモの巣はり、
蜘蛛の狩り、
蜘蛛の結婚、
そして蜘蛛の死

一匹の「もすけ」という蜘蛛の一生の物語です。

壮絶なのはもすけの死の場面。
ハチがもすけの体に卵をうみつけ、苦しみながらゆっくりと、時間をかけて死んでいく様子が、文章で描写されています。
読んでいて、自分まで苦しくなってくるような絵本です。

虫や蜘蛛が好きだとか嫌いだとか、そんな壁を超えている虫絵本だと思います。


ぜひ、読んでみてくださいね。

コメント
相当どたばたしておりお返事遅れてすみません<(_ _)>
「もすけ」読んでみてくださってありがとうございます!
読んでみなければ良さがわからないほんの一つですよね。
  • atu
  • 2009/05/01 9:02 AM
図書館で借りてきて読みました。
虫の本、ということでわくわく顔の子どもたちでしたが
もすけの最後のシーンでは真剣な顔で聞き入っていました。
いい絵本を教えてくださってありがとうございます。
  • nanami
  • 2009/03/24 12:25 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM