「生きる」とは

えほん いのちのあさがお
えほん いのちのあさがお
あやの まさる,まつもと きょうこ

心打たれる絵本は数あれど、こんなに心を突き刺されるような絵本に出会うことはめったにありません。
7歳の長男に読み聞かせながら、自分が泣いてしまいそうになる絵本でした。

こうすけくんは、とっても元気な男の子。幼稚園の中でもかけっこも早い、活発な坊やです。
なのに、ある日突然、何もしないのに鼻血が出るようになり「だるい」というようになりました。
とっても心配したお母さんはこうすけくんを病院に連れて行き、検査します。
診断された病名は、「白血病」。
こうすけくんは6歳の小さな体で、8ヶ月間も過酷な闘病生活に入ります。
副作用の強い薬に苦しみ、髪の毛も全部抜けおちます。
8か月耐えたこうすけくんは、小学校入学の時期を迎えていました。
お医者さんは退院を許してくれます。
こうすけくんが夏休みにはいったら、また入院するという条件付きで。

こうすけくんは喜んで学校に通います。お友達もたくさん作りました。
学校では、アサガオの種を植えました。
こうすけくんは毎日欠かさず水を揚げ、アサガオのお世話をしました。
こうすけくんは「いつ花が咲くの?」と聞きました。
「夏休み頃よ」と言われ、表情が曇りました。
こうすけくんは夏休みには入院しなければならなかったからです。

入院の時が来ました。またあのつらい闘病生活が始まりました。
こうすけくんは吐き気や高熱に苦しみました。

そしてこうすけくんは…


------------------------------



読んでいて、もしかしたら死んでしまうかもしれない、と死の予感を抱くこうすけくんの気持ちと、わが子が先に行ってしまうかもしれない恐怖と悲しみにおそわれるお母さんの気持ちを思うと、とても心が痛みます。

この絵本のすごさはこうすけくんが亡くなってしまった後のお母さんの前向きな生き方にも、心打たれる部分が大きいことです。
わが子が先立ってしまったら、何を支えに生きていけばいいのだろうと、想像することも難しいものですが、こうすけくんのお母さんは、とっても前向きに骨髄バンクのボランティアを始めます。

「死」を描いた絵本でありながら、「生き方」を考えさせられる絵本です。
ぜひ、読んでみてくださいね。

コメント
nanamiさん、コメントありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私も完全に図書館派です。
車で行ける範囲にある図書館はすべて回り、それぞれの図書館の品ぞろえを楽しみながら、いい絵本と出会っています。
C・mamaブログにはほんの一部しかご紹介できていないのですけれど、年間に読む絵本の冊数は1000冊前後になります。
絵本は、素敵なお話が本当にたくさんあって、探しがいがありますね。

nanamiさんも、素敵な絵本と出会われましたら教えてくださいね。
  • atu
  • 2009/01/10 9:54 AM
遅ればせながらあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

C・mamaさんのご紹介される本はどれも素敵でいつも感心します。
きっとたくさん読まれているのでしょうね。
私は本は買うより図書館派、なのですが読みきかせ記録を
mi:teというサイトでつけはじめて昨年1年間に700冊程度
読んでいることがわかりました。
この中にC・mamaさんおすすめの本がたくさんあります。
見返してみて本当にいいものが多いなぁと実感。
今後ともよろしくお願いします。
  • nanami
  • 2009/01/10 5:41 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM