まさかおさかな

まさかおさかな
まさかおさかな
フェイ・ロビンソン,ウエイン・アンダースン,岡田 淳

エリザベスは、おさかなが大好き。毎週土曜日には水族館に行っているので飼育係のおじさんたちとも仲良しです。
えさやりや、水槽のお掃除までさせてもらえます。

そんなエリザベス、家で飼っているのは小さなグッピー一匹だけ。
エリザベスはもっといろいろなお魚を飼いたい!と思っておりました。

お母さんやお父さんに「ピラニアを飼いたい!」といってもちっとも話を聞いてくれません。
「だめよ。うちにはグッピーがいるじゃないの」
と言われます。

「いつもこう!!」
エリザベスはがっかりしておりました。

ある日のこと、エリザベスは洗面所で顔を洗っていると、突然水道の蛇口から
「スポン!!」
と何かが飛び出してきました。大きな「マス」です。
エリザベスは嬉しくてママに言いました。
「ママ、見て!マスよ!」

「はいはい見てますよ」とママは言いましたがちっとも見ていません。気づいてくれません。

-------------------------------------

意外と、こんなことってあるものです。
もちろん水道からマスが出てくることはまずないけれど、子どもが心から驚く何かを見つけたとき、忙しい母の私は「見てる」といって「見てない」ことが、ありました。

忙しい時には仕方がないのだけれど、後で本気で見たときに
「うわぁ!!」
と子供以上に驚いてしまったり。

「だから言ったでしょ」
と子供に言われたり。

まさかおさかな」の結末は、エリザベスの願いがかなう夢いっぱいの物語として描かれておりますが、結末にたどり着く前の物語は、どこの家庭でもありがちな家族の風景を描いています。

ぜひ、読んでみてくださいね。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM