弟は、好き?

すき ときどき きらい (絵本・ちいさななかまたち)
東 君平,和歌山 静子

我が家では3人の子供を授かっておりますので、この絵本のように、子供のいじらしさをそのままに描いてある絵本を読むと、読んでいる母のほうが涙が出そうになってしまいます。

すき ときどき きらい」は、弟をもつお兄ちゃんの心の中が、とっても素直に、描かれています。

--------------------
弟は、お父さんが来ると「とーたん」っていう。
お父さんは弟に「とーたん」って言われると、すぐ弟をだっこする。
弟は嫌いだ。お父さんも、嫌いだ。

弟はいつもおかあさんに甘える。
ぼくも弟みたいにおかあさんに甘えると、「なんですか」と怒られる。
弟は嫌いだ。

弟はぼくよりもあんまりお母さんに怒られない。
でも、たまにおかあさんに怒られているのをみると、僕もつらくなる。
弟は…好き。
-------------------------

…この絵本を、今、水ぼうそうで学校を休んでいる次女に読んであげました。
他の誰のためでもなく、次女だけのために、読んであげました。

次女はいつも、自分も甘えたいのに、弟に母を取られてしまうことから、弟となかなか仲良く遊べません。
ちょっとしたことでよく弟と喧嘩をしています。
だから、「すき ときどき きらい」の本を一行一行読むたびに、とっても共感しながら聞いておりました。

弟が嫌いなのではない。自分も弟と同じようにお母さんに甘えたいだけ。
お母さんに甘えたいのに、弟ばっかりいい思いをするから、腹が立つだけ。

そんな次女の気持ちがそのまんまこの絵本に描かれてありました。

そうだよね。あなただってお母さんに甘えたい。
お母さんはよく分かっているよ。
お母さんはあなたのことも大好きだよ。

そんな気持ちを次女に伝えつつ、今水ぼうそうで家にいる次女に接しています。

兄弟のいる家庭では、起こりがちな光景です。
甘えたいのに甘えられない、そんな不満を心に抱いているお兄ちゃん、お姉ちゃんは多いはず。
頑張っているお兄ちゃん・お姉ちゃんに愛情のシャワーをかけてあげたい気持ちになれる絵本です。

ぜひ、読んでみてくださいね。






コメント
nanamiさん、コメントありがとうございます。
我が家では、何しろ長男に人一倍手がかかってしまうので、しっかり者のお姉ちゃん二人には、しっかりしててもらわないと困る場面が多々あります。
「お姉ちゃんだから」というよりは、「あなたはこれはできるでしょ」という理由で。
母の限られた2本の手は、3人全員とつないであげられないのが悩みの種。
3人みんな年が近いので、やたらと母の取り合いになることが多いです。うーん、悩ましい・・・。
  • atu
  • 2008/06/05 10:07 PM
こんにちは! 
我が家は二人兄弟ですが、歳も近いしあまり
「お兄ちゃんだから」「弟だから」といったこともなく
同じように接しているつもりですが…
読んであげたら 案外「そうそう!」って
思ってるかもしれません
試してみますね〜(笑)
  • nanami
  • 2008/06/05 12:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
水ぼうそう をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
  • おまとめブログサーチ
  • 2008/05/31 3:38 PM

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM