迷路絵本

時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで
時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで
香川 元太郎

長男が小学校に入学してやっと1週間が過ぎました。
毎朝、朝ごはんを食べさせるのに必死です。
ぼやぼやしていると、登校班の集合時間になってしまいますから。

母はとにかく長男が出発するまでは「鬼モード」。
穏やかな朝を心がけるどころか、とにかく時間に家を出すために鬼になって長男を怒り・励まし、の連続です。

昨日、母がまた大声でもたもたしている長男に怒っていると
「ちょっと、うんち」
と長男はトイレに走って行きました。
いつも長男はゆっくりウンチ派なので、そこそこの時間をかけてトイレから出てきました。
やっとのこと、身支度が終わり、「行ってきます!」と元気よく出発した長男を見送って、やれやれ…と母も一息ついてトイレに行くと、何とそこには
「トイレットペーパーの芯のピラミッド」が!!!!!
トイレの出窓に高く積み上げられていたのです。本当に見事に。

きっと長男は母の怒りから逃れ、トイレでピラミッドづくりをしていたのでしょう。
あんな忙しいさなかにトイレットペーパーの芯を高く高く積み上げていたなんて!!
本当にマイペースで、豊かな感性の長男に負けた母です。

そんな長男と、夜、ゆっくりと楽しんだ絵本が、こちらの「時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで」です。
ストーリー性もあるのですが、基本的には迷路です。
いろいろ細かく描かれている絵をよく見て、発見しながら、楽しく道をたどって迷路を楽しめます。

つかれているときでも、気軽に楽しめる迷路絵本です。
ぜひ、楽しんでみてくださいね。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM