もしも魔法がつかえたら

つんつくせんせいととんがりぼうし (えほんあらかると)
たかどの ほうこ

ついに長男が小学校に入学して1週間。
毎朝どたばたとご飯を食べさせて、朝7時10分に家を出します。
とにかく出発するまでは戦争のような忙しさですが、子供は子供で、突然の環境の変化についていくのだけで一生懸命の様子です。
それでも小学生。マイペースでよいから、頑張ってほしいなと願っています。

昨夜は、長男の好きな「つんつくせんせいととんがりぼうし 」を読みました。

-----------------------
工作下手なつんつく先生が、やっとのことで作り上げた発表会用のとんがりぼうし。魔法使い役の先生がかぶるためのぼうしです。
つんつくせんせいは、ちょっぴりよれよれ、のりでべたべたの帽子をかぶり、意気揚々とお散歩です。

お散歩に行くと、何やら人ごみが。一人の男と一匹の猿が、なにか芸当をやっているようです。
芸人は、つんつくせんせいのぼうしを「ちょっとお借りしますよ」といって芸に使い始めました。
芸が終わるとお金を集めるときにも、つんつくせんせいの帽子を使いました。
つんつくせんせいは憤慨します。
が、芸人と猿は、そのままぼうしを借りていたことも忘れ、帽子を猿にかぶせたまま帰ってしまいました。

-----------------------

結末は、ちゃあんと、帽子が帰ってきます。
「まほう」のおまけつきで。



さて、我が家の子供たち。9歳の長女と8歳の二女は、さすがに魔法と手品の違いもわかり、魔法なんてそうそうできるものではないということも分かっています。
が、夢いっぱいの6歳長男。まだちょっぴり魔法を信じてくれています。
ないはずのチョコレートを母が出して見せると、「すごーい!どうして???」
ま・ほ・うで だしたの♪」
「へぇー!!おかあさん、すごーい!」
なんていうやり取りができます。小学校に入学した今でも。

夢いっぱいなのは良いことです。世界が楽しくなりますから。

つんつくせんせいととんがりぼうし 」は、そんな夢いっぱいの気持ちになれる物語です。
ぜひ読んでみてくださいね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM