「ぶす」

狂言えほん ぶす
もとした いづみ, ささめや ゆき

「ぶす」っていったい何かしら?醜いお顔の登場人物でもいるのかしら?と思って読んでみますと、ずいぶん前から子供たちも慣れ親しんでいる「和尚と小僧」のお話でした。
「和尚と小僧」というタイトルで書かれている本もあれば「一休さん」のとんち話として書かれている本もあります。
--------------------------
おいしい黒砂糖を独り占めしたい和尚さん。
小僧さんたちを残して出かけるときに、和尚さんは小僧さんにいいました。
『いいか、このつぼの中には「ぶす」という大変な毒が入っておる。つぼのほうから吹いてくる風に当たるだけでも死ぬという大毒だ。くれぐれも近づかないように』
そう言われると小僧さんたちは、つぼのことが気になって気になって仕方がありません。ついに…
--------------------------

つぼの中身をすっかり舐めてしまった小僧さんが、とんちを働かせて和尚さんを負かす、という筋書きです。
お話はなじみ深く、むしろこのなじみ深いお話が狂言で演じられていたことに新鮮な発見がありました。

ぜひ読んでみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM