かえるの平家ものがたり

かえるの平家ものがたり
かえるの平家ものがたり
日野 十成, 斎藤 隆夫

こちらの絵本、ちょっと変わっていますが、意外に面白い!と感じた絵本です。

牛若丸(うしわかまる)や源頼朝(みなもとのよりとも)、平家や源氏が登場する物語なのですが、源氏は全て「かえる」、うしわかまるも「かえる」、そして敵である「平家」はネコ、という設定です。
大勢の源氏かえる軍が束になって向かっていっても、全く歯が立たない負け戦になったところを、うしわかまる発案の戦法で平家ネコをやっつける、という筋書き。

本来の平家物語をある程度ざっくりご存知の大人でも、全く違う設定による平家物語として楽しめるし、平家物語を全く知らない子どもでも、何となくお話の世界を楽しめます。

文章が最初から最後まで「五・七・五調」的なテンポでリズミカルにまとめられているのが、とても良い聞き心地。「べ・べん・べん…」と琵琶法師にでもなったつもりで、うたうように読んであげたくなります。
逐一意味が分からなくても、言葉のリズムを大切に、一気に読みたい絵本です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
きみにはわかるかい、なぜツバメは家の軒下に巣をつくるのか? それはね、お話を聴くためなんだぜ  ジェームズ・M・バリー『ピーター・パンとウェンデー』子どもの頃、パパやママが聞かせてくれた絵本や童話に胸ときめかせた時間は、大人になっても覚えてい...
  • ☆いろんな職業(仕事の職種)情報館☆
  • 2006/11/20 11:57 AM

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM