予防注射、してますか?

どきどき よぼうちゅうしゃ
どきどき よぼうちゅうしゃ
小林 まさこ, おかべ りか

今年も残り後1ヶ月半となりました。早いものですね。
11月といえば、インフルエンザの予防接種解禁(?)日。早い内に安心を得るためには、早めの予防接種が必要です。

毎年「新型インフルエンザ流行の可能性」などと恐ろしいニュースも聞きますし、「予防接種したって、別の型のインフルエンザには感染するんだから」などという声も聞きますが、それでもやらないよりは安心度が高いだろうと思い、我が家では必ず接種します。

我慢強い長女と次女は何のことなく越えるハードルなのですが、人一倍大騒ぎする長男は、「チュウシャ」と聞いただけで「イヤダーーー!!!!」と大声を出します。
母の私は「痛くないから」などと子供だましのその場しのぎをする主義ではないので、ありのまま「注射なんだから、痛いよ」といいます。「痛いけど、我慢できない痛さじゃないから、我慢しなさいね。」と。
そうするとますます「いやだ!絶対いや!」と抵抗する長男です。最近は「目をつぶっていると、ちょっとは恐怖が薄れる」ということを発見し、「注射の時は目をつぶっていれば、すぐ終わるよ」と言うようにしています。

そんなこんなで毎度毎度、注射には看護婦さん数名と母の必死の押さえつけによって行われる一大行事となっておりますが、そんな長男に「なぜ、元気なのに注射をするのか」を分かりやすく伝えるためにちょうどよい絵本に出会いました。
どきどき よぼうちゅうしゃ」は同じく注射が嫌いな女の子が主人公です。
どうして元気なのに注射をするの?という疑問に対し、お医者さんは「体が元気な時に、病気と闘う力をつけておくためなんだよ」と説明します。
そしてさらにかみ砕きながら、「体にほんのちょっとのウイルスを入れると、体がウイルスと闘う練習ができる。そうすると本当のウイルスが入ってきた時に、体が勝つことができるんだよ」と説明します。

そうか!予防接種は体がウイルスと闘うための練習か!と納得できます。
母も分かっていながらなるほどね!とうなずける絵本でした。

ぜひ読んでみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM