優しさと強さの物語

ことりとねこのものがたり
ことりとねこのものがたり
なかえ よしを, 上野 紀子

--------------------------------
あるところに、とっても弱虫なネコがいました。
高いところが怖くて、きのぼりもできず、まわりのネコはこのねこを「ネコ」と呼ばずに「弱虫」と呼んでいました。
でもたった1人だけ、このネコのとこを「ネコくん」と呼んでくれる友達がいました。
その友達はカゴで飼われている小鳥でした。
ネコは木登りするよりも、一日この小鳥とおしゃべりしている方が好きでした。
家の主人はネコを見つけると家の鳥を襲いに来たな!と追い払うのでした。
でもネコは家の主人の留守を見つけては小鳥の所へ行き、町の話をしてあげたりして過ごすのでした。
お友達の小鳥は、外に出してもらったことがありませんでした。それを知ったネコは、鳥を外に出してあげたいと思いました。
ネコはカゴの扉を開けました。
小鳥は喜んでお空にとんでいきました。
ネコは「もう帰ってこなくて良いんだよ」と小鳥に言いました。
でも、小鳥は帰ってきました。
「ぼくが帰ってこないと、きみが叱られるだろう」といって。
小鳥はもう一度、お空をとびたいと言いました。ネコはまた開けてあげると言いました。
ところが…
--------------------------------
心が温まる、とても優しい小鳥とネコの物語ですが、結末には悲しい出来事が起こります。ネコの優しさゆえの強さもみることができます。

単純に「優しくていい話」で終わらないところがこのお話の素敵なところです。
ぜひ読んでみてくださいね。

コメント
みゃりこさん、コメントありがとうございます。
10年以上も探していたのですね!!!
そう言われてみると、とってもいい本なのに、図書館ではほとんどであってことがありません。
たまたま、娘の小学校図書にあって、出会った本です。
いい本なのに知られていないし見つからない絵本って、結構あるんですよね。
  • atu
  • 2006/11/17 2:24 PM
この本!!10年以上もの間さがしていました!!
今ホントに感動です 子供の頃この本を見て心を打たれました。
そして今3歳になる息子に、どうしても読んであげたかった本で
題名も何も解らず本当に悩んでいました。
うれしくて泣けてきました><。早速購入します☆
  • みゃりこ
  • 2006/11/17 2:11 PM
mayuko17さん、コメントありがとうございます。
この絵本の結末はとても心が打たれました。
でも最終的には、ネコは必ずしも寂しい終わり方だけではないところが好きです。
  • atu
  • 2006/09/28 3:14 PM
この絵本は、以前に読んだことがあるのですが結末がなんだか切ないですね。猫の絵がかわいくて印象的でした。
  • mayuko17
  • 2006/09/28 2:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM