ちいさいモモちゃん

よるですよう
よるですよう
松谷 みよ子, 武田 美穂

「絵本は良い」と広く言われる世の中ですが、色々読んでいますと、「子どもにマネして欲しくない言葉遣い」「ちいさい子には読み聞かせたくない乱暴なお話」などなど、いろいろ気になる絵本もあるのですが、そう言う意味で言えば、松谷みよ子さんの絵本は安心して読める絵本です。
このちいさいモモちゃんのシリーズは、読んでみると、登場人物のセリフ、言葉遣い、描写など、どれをとっても抜群に丁寧に描かれていることが分かります。

ちいさい子でももちろんおすすめ。でも我が家では小学生のお姉ちゃん二人が大好きな絵本です。

よるですようはママの外出でお留守番するモモちゃんのお話。モモちゃんは「よるごっこ」で楽しもうと考えます。
昼間なのだけど、カーテンを閉めてお部屋を真っ暗にして「よるごっこ」
でも、ふしぎなことが起こるんです…。

言葉が丁寧なので、読んでいても気持ちが良いし、安心感のある絵本です。
ぜひ読んでみてくださいね。

コメント
えほんママさん、コメントありがとうございます。
やはりこの穏やかさは女の子がよりひかれるものがありますよね。我が家でも娘達がはまっています。
  • atu
  • 2006/07/18 9:53 PM
mayuko17さん、コメントありがとうございます。
松谷みよ子さんはたくさんの本を作られていますが、昔話をとっても、創作の物語をとっても、本当に言葉の使い方が丁寧ですね。
気取っているのではなくて、普段使いの品の良さ、というか。
子どもに聞かせたい言葉の一つですね。
  • atu
  • 2006/07/18 9:51 PM
ちいさいモモちゃんシリーズは末娘が大好きでした。
中でも「ちいさいモモちゃんとおばけちゃん」が好きで、
裏表紙のおばけちゃんとままごとをしているモモちゃんは何とも微笑ましく、私も思い出の1冊です。
いつも、モモちゃんの勇気に感心していました。
娘がママになっても、子どもへの読み聞かせに選ぶシリーズだと思います。
  • えほんママ
  • 2006/07/17 11:10 PM
こんにちは。松谷みよ子さんの作品は、どれも大好きです。なんていうか、文章に品があるきがします。作る側としても、品がある作品を作っていきたい!と思います。
  • mayuko17
  • 2006/07/17 3:09 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM