トリケラトプスとアロサウルス

恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻
恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻
黒川 みつひろ

長男が、恐竜好きにより、このシリーズは図書館や幼稚園から見つけては、借りて読んでおりました。
「新天地目指し」旅を続けたシリーズだったので、先日遂に新天地へついたお話を読んだ時は、「あぁ、このシリーズもおわりかな…」などと勝手に思っておりました。

なので「再びジュラ紀へ」のお話にはびっくり!した母です。
こちらの「恐竜トリケラトプスとアロサウルス―再びジュラ紀へ行く巻」は長男が幼稚園から借りてきた絵本です。

お話は…ジュラ紀の代表的肉食恐竜「アロサウルス」との闘いの話です。題名の通り。
題名と表紙から、「あぁ、この巻ではアロサウルスと闘うのね…」とほとんど内容が推測出来るのに、読み始めるとその闘いにシーンに息をのんで聞き入っている子ども達です。

やはりこのシリーズは読み応えがあります。
ぜひ読んでみてくださいね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM