マーカスフィースターさんの幼児向け作品

リトルアウルはきょうもおねぼう
リトルアウルはきょうもおねぼう
唐沢 則幸, マーカス フィスター

「にじいろのさかな」や「ミロとまほうのいし」「きらきらきょうりゅう」など、マーカスフィースターさんはとにかく美しい絵本の数々を生み出されており、大好きな作家さんの1人です。
基本的に、今まで読んだマーカスフィースターさんの作品は、文章が長く、道徳的で、ちょっと宗教(キリスト教)を感じさせるものがあります。

こちらのリトルアウルはきょうもおねぼうは、表紙を見ただけではマーカスフィースターさんの作品だとはほとんど分からないし、内容を見ても、今までに知っているマーカスフィースターさん作品とは異色な感じがします。

言葉が簡潔で、リズミカルな詩的文章であること。
挿絵が、美しいけれど、他の作品と大きく違う感じがすること。
そんな感想を持ちました。
-------------------------------------
さて、お話は小さなふくろう、リトルアウルがおねぼうさんで、それでもお友達と遊びたいとおもい、お友達をさがしてとんでいるうちに、人間の男の子とお友達になるお話です。
ふくろうは夜行性、人間は昼に起きるのですから、まったく遊ぶ時間が合いません。それでも「おともだち」という心のつながりを描いたお話です。
------------------------------------

幼稚園ぐらいの低年齢にちょうど良いお話です。
就寝前の絵本としてもおすすめです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM