やなせたかしさん

我が家では特に次女が大好きでよく読んでいる「あんぱんまん」と「アンパンマン」ですが、本日、やなせたかしさんの原画展を見に行きました。

やなせさんの絵本は、何となく文章が子供だまし的に思えて、正直なところ、母的には評価が低かったのです。
ところが、原画展を見てきて、とっても丹念に美しく塗られた原画やポスターを拝見して、心から感動して帰ってきました。
ポスターカラーを使っているのか、画材は詳しく分かりませんが、たくさんある絵のどれも「赤」はどれも同じで同じ色調、空の水色もどれも同じで同じ色調。
パソコンでの色指定ではない、手作業で塗った部分も同じトーンでアンパンマンワールドを書き上げている作品群を見て、「さすが」の一言でした。
アンパンマンは誰にでも書けるような分かり易いお顔ですが、アンパンマンワールド全てを同じアンパンマンワールドイメージでまとめられるのは、プロとして仕事をされているやなせさんだからこそ、と思いました。

もう一つ、大きな発見がありました。
やなせさんは幼い頃両親に先立たれ、肉親も1人もいない上、奥様にも先立たれて天涯孤独、ひとりぼっちの人生であるとのこと。
こんなに明るく温かく、夢のあるお話を書かれているやなせさんの人生には、そんな孤独な一端もあったことを知って衝撃的でした。

今、84歳でしょうか。
私は今日から応援させて頂きます。
やなせたかしさん、これからもまだまだ温かい作品をたくさん作ってくださいね。
私はテレビ派ではなく純粋に絵本派ですが、大事に読ませて頂きます。

岩手県東和町の萬鉄五郎記念館で11/13(日)まで開催されています。
間に合う方は、是非足をはこんでご覧下さいね。

コメント
mayuko17さん、いつもコメントありがとうございます。
アンパンマンって知らない子どもはいないほど、子ども達には良く浸透していて、それだけでもすごいことなんですよね。
  • atu
  • 2005/11/04 12:39 PM
やなせたかしさんのこと。大人的には、あんぱんまんってなんだかな〜。とわたしもイマイチの反応だったのですが・・・。天涯孤独、とか原画の完成度の高さ、などのところを読んで、昔自分自身がとても好きだったことを、思い出しました。
子供たちも、今は大きいのでさすがに、見なくなりましたが小さな頃は、やっぱり二人とも大好きでした。
強くて、やさしい「アンパンマン」は、誰でも一度は通る道ですね。
  • mayuko17
  • 2005/11/04 11:26 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM