たこやきマントマン-にんじんのだいパニック-

母的には、文章も内容も子供だましに思えても、妙に子どもの受けが良い絵本の一つに「たこやきマントマン」(高田ひろお作/ぴえろプロジェクト)があります。
数年前にテレビでやっていたのかもしれませんが、母も子どもも見たことはありません。よく図書館にはおいてあるので、絵本として馴染んでいます。
今日は次女が幼稚園から借りてきた「たこやきマントマン-にんじんのだいパニック-」を読みました。

---------------
カレー団地のニンジンちゃんは、ある日、家出をします。
なぜかって?それはジャガイモお姉ちゃんとタマネギお姉ちゃんに「ドライヤー使わないで!」「ブラシ使わないで!」と言われたから。
家出したニンジンちゃんは「ヤンキー」の仲間入りをして、使いっ走りをしておりました…
---------------

家出の理由もばかばかしいけれど、家出してヤンキーの仲間入り、というのもばかばかしい。…と母は思うのですけれど、子ども達は真剣に聞いています。

「ヤンキーって、何?」

と聞かれて、母は、答えに困りました。
幼児に説明するには
「不良」じゃ難しい。
「暴走族」ももちろん知らない。
「暴力団」はますます難しい。

「うーーん…悪いことをしそうに見える人!」
何かちょっと違うけど、まあいいや。
「あおのりドッカンバズーカ」
「ながねぎピリピリキャプチャー」
「おかかスパットブレードウインク切り」
訳わからないけれどかっこいい、たこやきマントマンの「得意技」がお気に入りの子ども達です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM