はじめてのおるすばん

はじめてのおるすばん」(しみず みちを文・ 山本 まつ子絵/岩崎書店)を読みました。
このお話の中で主人公の女の子は3歳ではじめてのお留守番を経験します。
個人的意見ですが、これって、その子は偉いとほめられて欲しいけれど、親に向かっては、「3歳の子に1人で留守番させちゃダメ!」と言いたくなります。

しっかり者・お利口さん・いろいろ安心な子はいるのだろうけれど、所詮3歳は3歳。失敗が命取りにもなると思えば、やっぱり1人にはさせられない。どんな大事なご用があっても、「連れて行く」もしくは「信頼出来る家族か第3者に保育を頼む」のが基本です。(と私は思います)

とはいうものの、「はじめてのおるすばん」。
初めてのお留守番体験をする主人公の女の子は、とっても怖い思いをしながらも、しっかりお留守番するのです。
「こづつみ」「新聞の集金」みーんなことわります。荷物やさんがおいていった「不在連絡」のお手紙は「気持ち悪いからゴミ箱にぽい」
読みながら、子ども達は、「あっ、そのお手紙は捨てちゃダメだよ!」なんて笑いながら言っていたけれど、母的には「それが一番安全よ」と思いました。

「はじめてのおるすばん」。他人事では「かわいい・あどけない・いじらしい・お利口さん」で済むことでしょうが、我が子の問題となってはすごく考えてしまいます。
ちなみに我が家では、しっかりものの7歳の長女でも5〜6分のお留守番が最大です。
長女の初めてのお留守番は5歳ぐらいかな。1分ぐらいだったかも。
3歳の長男は無鉄砲なので、当面お留守番は考えられません。


かわいい子には旅をさせよ…とはいってもかけがえのない命。
今時はとても物騒で、とっても心配です。

子どものお留守番、皆さんのお宅ではどうしていますか?


コメント
mayuko17さん、コメントありがとうございます!

やっぱり「1人でお留守番は危ない」同じご意見ですよね。
ありがとうございます。
ちなみにこちらは岩手でのどかで平和と思われがちですが、やっぱり物騒なのは同じです。嫌なご時世ですね。
  • atu
  • 2005/09/26 3:44 PM
「はじめてのおるすばん」わたしも、読んだときに同じことを思いました。(2児の母なので)いまどきは3歳であろうが9歳であろうが、一人で留守番は、させられないですよね。そんなに切羽詰った用事ってなんだろう?と考えてしまいました。

母親が読むと、違う意味でドキドキする絵本ですね。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM