タイローンなんかこわくない

昨日読んだ「そんなのずるいよ!タイローン」に引き続き、「タイローンなんかこわくない」(ハンス ウィルヘルム (著)・ Hans Wilhelm (原著)・せな あいこ (翻訳)/評論社)を読みました。

そんなのずるいよ!タイローン」でタイローンの乱暴ぶりを知っている子ども達は、本の題名「タイローンなんかこわくない」を見ると「怖くないはずはないんだけどね…。何で怖くないんだろう。」と疑問を持ちました。
母の私は「そうね。じゃあ何で怖くないのか考えながら聞いてみてね。」といいました。

さて、「タイローンなんかこわくない」の内容はというと、タイローンって恐竜ではあるけれど、いたって普通のいじめっ子・どこにでもいるいじめっ子、なのです。

いじめっ子にいじめられる方は、すごく思い悩んで「どうやったらいじめなくなるかな」「プレゼントしたら」「知らんぷりしたら」といろいろ考え試します。
最後、とっておきの抜群に良い方法を思いつくのです。
だから、最終的に「タイローンなんかこわくない」となります。

さて、「とっておきの方法」は是非読んでみてくださいね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM