のろまなローラー



乗り物絵本」と一口に言っても図鑑的な絵本あり、赤ちゃん向け、幼児向け、現実に近い物、空想が作った夢のある乗り物絵本ありなど、多種多用です。
ご多分に漏れず乗りもの好きの我が家の長男は、0歳時代は「写真の図鑑」、1歳時代は「短いお話つきの簡単な乗り物絵本」、2歳時代は「実際の乗り物に限りなく近い挿絵の乗り物絵本」、3歳以降は「これはこれ、それはそれ、と使い分け、本当にある乗り物の絵本か、創造で描いた乗り物の絵本か理解した上でいろいろ楽しむ」という道をたどってきました。
そんな長男が2歳頃から親しんでいる絵本「のろまなローラー」小出正吾作・山本忠敬絵/福音館)を読みました。

ローラーとは、道路工事でよく見かけるロードローラーのことです。
ローラーは、その重いくるまで、道をゆっくりと行ったり来たりするのが仕事です。
-------------------
ごろごろごろとローラーは、
おもいくるまをうごかして、ゆっくりゆっくり、うごいておりました。
そんなローラーをたくさんのかっこいい車がとおりすぎていきます。
ゆっくりうごくローラーを、みんなは「のろまなローラーくん」といって追い越していきます。
みんなに「のろま」といわれても、ローラーはゆっくりゆっくり進みます。

ローラーの向かう先には「でこぼこ山」がありました…
-------------------

でこぼこ道にてローラーの本領発揮、みんなに「ローラーのお陰で道が平らになる」ことを分かってもらえます。

このお話、乗り物絵本としては、山本忠敬さんの書くくるま達が、それぞれに命を宿して描かれてあり、小出正吾さんの文章は、言葉にリズムがあって、簡潔で、小さい子でも最後まで聞けます。なのにストーリーもしっかりあって、「読み物」としても十分に楽しめる絵本です。
「道路標識」もいくつか出てきます。
年長さんぐらいなら、標識の意味まで解説してあげても良いかもしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM