ちょっと風邪気味です

昨夜読み聞かせた本は家に*十年前からある年代ものですが「へびくんはらぺこ」ブライアン・ワイルドスミス作読書
話の内容はというと、はらぺこのへびがいて、ジャングルの動物たちを何とかだまして食べてやろうと思い、「かくし芸パーティをやろうよ!」と持ちかける。
動物のかくし芸!?と思いきや、素晴らしい挿絵と、発想豊かな芸には引き込まれる物があります。どこか図書館などで見つけた際には、是非読んでみてください。
でも、「だます・うそをつく」という観念は何歳ぐらいから発生するのか、学問的にはさっぱり知りませんが、うちのこの場合、3歳前は純粋です、すごく。
「だます・うそをつく」ということが、ほとんどよく分からない、という感じ。
「へびくんはらぺこ」は家に昔からある本なので、長男が1歳・次女が3歳・長女が4歳の頃にも読んでみたことがあって、その時はほとんど無反応。というより「これやだ!」といわれてしまった1冊。こんなに絵がきれいなんだから、絵を見るだけでも楽しいだろうと母は思ったのに…。
でも長男が3歳・次女が5歳・長女が6歳になった今、改めて読んでみると、すごく受けが良かったです。「カクシゲイってなに?」「この芸すごい!」「でもへびだって、食べないと死んじゃうんだから悪くないよね」等々、感想が次から次から…。
適切な年齢に適切な本を読むのって、大切なんですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM