どこでもない場所

子供のころ、ちょっとだけ夢中になった「だまし絵画家」がおりまして、
「エッシャー」というその世界ではとても有名な画家さんです。

エッシャーのだまし絵は、ほとんどが画用紙に鉛筆で描いたような白黒のトーン。
とてもシックで、パッと見、普通に風景画のように見えて、
でもよく見ると建物の屋上と地面がつながっていたり、
あるものが、遠くに行くにしたがって、別のものに変化していたり、
「ありえない」ことを、一枚の紙の中に表現しているので、
だまし絵っておもしろいな、、と思った時期がありましたが、

こちらの絵本もまさにその「だまし絵」。
見開きのページに、短い文章とともに描かれています。
この本を書いたのは、

セーラ・L. トムソン (著)
ロブ ゴンサルヴェス (イラスト),

エッシャーのだまし絵とは違って、カラフルな絵画調のだまし絵ですが、
このだまし絵もとっても見ごたえがあって、
絵の隅々まで何が書かれているのか、
何度も見直したくなる絵本です。

文章が少ないですが、決して幼児向けではありません。
何があり得ないのか、ピンとくる年頃で、やはり小学生以上にお勧めの絵本だと思います。

親子で「どこがあり得ないのか」
見つけるのが楽しい絵本です。

ぜひ、読んでみてくださいね。

JUGEMテーマ:読書



鬼才の絵心

JUGEMテーマ:読書


こちら「みんななにがすき?」という絵本、

何がおすすめかっていいますと、

あまりにもシュールすぎるこの挿絵、なんです。

お話的には、
森の動物たちが

それぞれに自分の好きなことをお話していって、
最後には
猛獣としての王者ライオンが、
恥ずかしそうに、

「おしりごっつんこがすき」

といい、みんなでごっつんこしあってたのしく終わる、

という、

ただそれだけのお話で、

どちらかというと、幼稚園向けのお話で、

挿絵に求めるものは

「わかりやすさ」

だったりするのですが、

もし出会ったときには、まあ、つべこべ言わずにページを開いてみてください。

どうみても、足が妙に長すぎるんではないかと思われる「うりぼう」

どうみても、あかちゃんにしっぽがついているようにしか見えない「さる」

どうみても、得体のしれない長い生き物にしかみえない「かものはし」

どうみてもこっちのページでは一生懸命書いたけど、こっちのページでは手抜きをしたようにしか見えない挿絵のブレ、

なんかが随所にみられます。

お話よりも、挿絵に対する突っ込みで盛り上がってしまうんではないかと思われます。

どちらかというと、幼稚園で「はぁ」とぼんやり聞くよりも、
小学校高学年以上の子どもたちが読んで、

「何、この猿は〜!!!人じゃん、人!!」

「へんだよぉ!!」

と盛り上がったほうが

むしろたのしいんではないかと思われる、

そんなシュールさがあります。


ぜひぜひ、見つけて、読んでみてくださいね。


そらへ、ふたたび

JUGEMテーマ:読書



ゆうびんひこうき こうのとり号は、真っ赤な小さい飛行機です。

その昔は、その真っ赤な体を青い空にはばたかせ、
郵便物輸送のお仕事をしていたらしいです。

でもいまは、倉庫の中。
倉庫の中でロープでつながれています。

ゆうびんひこうき こうのとり号は、倉庫の中で思いました。

またお空に羽ばたきたいなぁ、
ゆうびんひこうきのお仕事を、またやりたいなぁ。

それで、羽ばたくことにしたのです。
ロープを切って、いざ、空へ。

こうのとり号は、初め、カラスにぶつかりそうになりました。
からすに怒られて、少々反省。
でもゆうびんひこうきは、お空の旅が嬉しくて、
どんどんとんでいきました。
あっちの町から、こっちの町へ、くるくる旋回、大回転もなんのその。

お空を見上げた人間たちは喜びます。
「あ、ゆうびんひこうきだ!」

ついに、こうのとり号は、郵便配達の仕事を任命されます。
車体もピカピカの黄色に塗り替えて。


---------------

子供ながらに、いろいろ経験する年頃になりますと、
「危ないよ!」
「そんなことしたら怒られる!」
「おこられて、倉庫に戻されて、鉄くずにされる!」
…様々なその後の悪夢を思い描いてしまいます。

でもこのお話は、夢いっぱいのまま、終わります。
「わるいこと」なんて起こりませんし、
「怒る人」なんて現れません。


一度は倉庫に入れられたこうのとり号が、再び空へ。
そして郵便飛行機としての任務も取り戻すお話です。

終始5・7・5調のテンポで文章もリズムよく、
文字の配置もリズミカルに工夫されて、
みていても楽しいお話です。

是非、読んでみてくださいね。

毛 増殖中

JUGEMテーマ:読書


ある日、「ぼく」が目を覚ますと、

「ぼく」の家の屋根には、ふっさふっさの「毛」が生えていた。


…お話はこんなビックリな、ありえない、突然の出来事から始まります。。。

いやいや、そんなことないでしょう!
ちょっと気持ちわるいし!

…とおもいながらページをめくっていくと、

「ぼく」はいそいで近所の床屋さんに走ります。

いやいや、相談する相手がちょっと違っているし!
この床屋のおじいさん、盆栽の松をカットしていて、ちょっと心配だし!

…と思いながらさらにページをめくると、

ちょっとボケてるんじゃないかと心配される床屋のおじいさんは、
きりりとその場を仕切り始めます。


まず、呼んだのは消防車。

なぜ消防車???
…とおもっていると、消防車のホースから発射された水は、家の屋根に生えた毛をしっとりと濡らします。

…そして床屋のおじいさんは、湿らせた髪の毛をちょきちょき、ちょきちょき、



どうやら、このおじいさん、
家の屋根に生えた「毛」を、
根こそぎ刈りとっちゃって、
つるりときれいな元の屋根の状態にもどすんではなくて、

なんだかさっぱりとこぎれいなヘアスタイルにすることを目指しているようです。


「いや、おかしいでしょ!」

子どもと絵本に突っ込みながら読んでいくととっても楽しい絵本です。


絵本の最後まで行くと、「毛、増殖してる〜〜!!」という衝撃的な光景も見ることができますよ。

ぜひ、読んでみてくださいね。





あした えんそく♪

JUGEMテーマ:読書


「遠足」

…なんて確実に数十年前のはなしで、それも立派に30年以上ほども前の話になってしまいますが

遠足の前日のわくわく感は不思議と忘れないものです。

「明日、遠足」
「明日、修学旅行」
「明日、家族旅行」

などなど「おたのしみの前の日」って、どうしてこんなにわくわくするんでしょう♪

30年以上も前の話…とはいってもいまだに

「旅行に行く前の日」
「ライブを見に行く前の日」
「待ちに待っていた映画を見に行く前の日」

は、否応なしにテンションあがります。
「あした、えんそく」というわくわく感は、子どものときだけのわくわく感…なのではなくて、いまだにリアルに感じる感覚なのかもしれません。

だから、子どもに読み聞かせたこの絵本、子どもはもちろん「わかる、わかる」とうなずきながら聞いておりますが、
読んでいる母の私も、「わかる、わかる」とうなずきながら読んでいます。

「忘れ物はないかな?ハンカチに、ちり紙に、水筒に、レジャーシートに…」
と、明日の心配をするのも楽しいし、

「明日天気になあれ!」
と、明日のお空に願いを込めてテルテル坊主を作るのも楽しいし、

「早く寝なくちゃ」
と思いながら、なぜかどうしても寝付けず、
布団に入りながらただひたすら自分の眠りを待つことも、みんなで共感できる感覚です。

あしたの遠足のわくわく感を書いたこちらのお話は、
子どもたちだけでなく、もう数十年前に小学校を卒業している大人のみなさんにも共感できる絵本だと思います


ぜひ、読んで見てくださいね。

元気がモリモリわいてくる話

評価:
二宮 由紀子
教育画劇
¥ 1,365
(2011-07)

JUGEMテーマ:読書


久しぶりに、超お勧めしたい1冊に出会いました。
「へちまのへーたろー」

何となく、気が抜けるような表紙絵&タイトルの絵本ではありますが、
いえいえ、この一冊を読み終える頃には、なんだかもりもり元気がわいてきて、明るい気持ちになれる、
そんな素敵な絵本です。

へちまのへーたろーは、その名の通り、へちまの子。

ある日、前を通りかかった女の子に

「きゅうり」

と言われたことから、自分の「へちま」っぷりを、
何とかしてその子に伝えたい!

と、さまざまな努力をするのです。

まず最初に努力したのはへちまらしく立派に太ること。

これなら女の子も、自分がきゅうりじゃないってことをわかってくれるだろうと思ったのに

その次の日、女の子がへーたろーを見て言うことには、

「ふとったきゅうり」

へーたろーはなんとか自分がへちまであることを伝えるため、
女の子の誤解を解きたいため、

ただそれだけのために、やる気をもりもり出して、
そのための方法も、次々と考えて、ひたすら努力を重ねます

これでもかこれでもかとがんばるヘーたろー。
それなのに伝わらないどころか、逆に気味悪がられるヘーたろー。

自分を正しく伝えるって難しい。
でも、けっしてネガティブにならずに前向きな気持ちで読める絵本です。

ぜひぜひ、読んでみてくださいね。



1つぶのおこめ

JUGEMテーマ:読書


何となくドタバタ続きで更新をすっかりご無沙汰しておりました。
楽しみにしてくださっていた方、申し訳ございません<(_ _)>
今日は、ニュースで「和歌山県御坊市所蔵の「生身迦樓羅王尊像(しょうじんかるらおうそんぞう)」といういわゆる「天狗のミイラ」が、実はつくりものだった!という話に何となくほのぼのしてしまった1日のスタートでした。

天狗のミイラだけでなく各地にある「カッパの手」、はたまた「ぶんぶく茶釜のお話に出てくる本物の茶釜(→化けたたぬき?)」など、世の中には、面白いものはたくさん存在しています。
ここ奥州市にも「ぶんぶく茶釜のお話に出てくる本物の茶釜(→化けたたぬき?)」はありまして、家族で見に行って触ってきたことがあります(*^。^*)

現代の科学で、昔の人のいたずらが暴かれるのもすごい話ですが、こうやって何百年もの間「本物か!?」とうわさされるいたずらを仕掛けたいたずらの張本人も、今頃天国でにやにやと笑っているのではないでしょうか。


さて、久しぶりにご紹介する絵本は挿絵がとてもきれいな「1つぶのお米」です。
舞台はインドでしょうか。アジアンティックなタッチで、ゴールドが効いた素敵な挿絵にひかれて図書館から借りてきました。
まさか、こんなすごいお話だとは夢にも思わずに。

------------------------
あるところに、1つの王国がありました。
人々は米を作り、王様はその米を集め、蔵にたっぷりとため込んでおりました。
「飢饉になった時に米を分けあえるように」
という理由でした。

ある年、本当にひどい飢饉がやってきました。
人々はお米どころか食べるものがなく、木の根っこまで、食べるようなありさまでした。
人々は言いました。
「王様、集めていたお米を分けてください」
と。
王様は思いました。
「今分けたら、それこそお米がなくなって、自分も食べるものがなくなってしまう」
だから、王様は、一粒たりとも国民に米を分け与えようとはしませんでした

ある村に賢い娘ラーニがいました。
ラーニは、ある日、王様のところに向かう馬に出会いました
王様のお城では宴会が催されるのでしょうか、馬はたくさんのお米を運んでいます。
ラーニは、馬に積まれたお米が、ぽろぽろとこぼれているのに気付きました。
ラーニはこぼれたお米を拾いながら、馬について行きました。

城につくと、ラーニは門番に言いました。
「馬からこぼれたお米を、王様にお返したいのです」
それを聞いた王様、ラーニの心掛けが、よい心掛けだと思ったので、なにかご褒美を授けたくなりました。

「何なりと希望のものを言うがよい」

ところがラーニが望んだものは「たった一粒のお米」だけでした。
米をひと粒だけ授けるのは、なんだか王様らしくないと思った王様は、もっと希望がないかラーニに聞きました。

「では、これから先の1月の間、最初は一粒、次の日は、前の日の2倍の、その次の日はまた2倍、というように、前の日の倍の数だけお米をください」
と言いました。
最初は1粒。次の日は2粒、また次の日は4粒、その次の日は8粒、、、といったようにです。

王様は「何だそんなことでいいのか。軽い軽い」と思い、ラーニの言うとおりに米を授けることにしました。

一粒や2粒の最初のうちは、米はわずかな物でした。
しばらくすると、米は64粒になり、128粒になりました。
またしばらくすると米は4096粒になり、8192粒になりました。
王様が「結構多いものだな…」と心配になり始めているうちに、米は131072粒になり、262144粒になりました。
米蔵の米がどんどん減っていき、ラーニがもらう米は、日々2倍、2倍と増えていきました。
そしてひと月たった30日後には…

1から始まったはずの数が、2倍2倍にしていくだけで、しかもたった30日間で、こんな大きな数になるのか驚かされます。
さていくつになるか、予想外の大きさですので、楽しみに計算しながら読んでみてください。

素敵な素敵な数の絵本です。高学年の子供にもお勧めです。
------------------------




魚釣りにて

JUGEMテーマ:読書


タイトルの「まてまてー!」は、お話の中で何度も出てきます。
ちょっとトーンが高くてかわいらしい声の「まてまてー!」ではなく、
低くて太い、怖そうな声で「まてまてー!」というほうがきっとぴったりくる絵本かもしれません。

------------------
広い広い海の中、1本の釣り糸が、海の中に垂れてきました。
釣り糸の先にはおいしそうが餌が付いています。

それを見つけた小さな魚は、いっただっきまーす!と食べようとしたところ…
「まてまてー!」

やってきたのは自分より少し大きな赤エイでした。
赤エイは、この餌は自分のものだと小さな魚を追い払い、いっただっきまーす!と食べようとしたところ…
「まてまてー!」

やってきたのは赤エイよりももっと大きな…

------------------

どんどんどんどん大きな魚がやってきて釣針の先の餌を食べようとします。
最後はどうなっちゃうんだろう、これを釣り上げちゃったらふねがひっくり返っちゃうね、
などと心配になってきますが…

結末を楽しみにしながら読んでいただきたい絵本です。
ぜひ、読んでみて下さいね。



両面から読める絵本

くうちゃんとかんたのおまつり (えほんとなかよし)
くうちゃんとかんたのおまつり (えほんとなかよし)
芭蕉 みどり

春祭りシーズンたけなわ、我が家でもすでにいくつかのお祭りに行って楽しんでいます。
山車に、おどりに・・・とお祭りの楽しみはいろいろあるのですが、我が家の子供たちの楽しみはもっぱら出店を回って歩くこと。
とすけものやさん、金魚すくい、フランクフルト屋さん、クレープ屋さん、などがお気に入りのようです。

そんな子供たちにちょうど良い絵本を読みました。
くうちゃんとかんたのおまつり」は中表紙が表側、背側の2面にそれぞれあって「くうちゃんのおまつり」「かんたのおまつり」と別々の題が記されています。

この絵本、どちらから先に読んでもよく、表面からと背面からそれぞれに話が進み、真中のページが終わりのページ、という構成になっています。

ストーリーは、くうちゃんとかんたの兄妹がお祭りで楽しむお話。
はぐれてしまってあわてて探したり、子供みこしを楽しんだりするのですが、「くうちゃんのおまつり」ではくうちゃんにスポットを当ててストーリーが進み、「かんたのおまつり」ではかんたにスポットが当てられています。

お祭りの混雑のなかではぐれてしまった二人が、真ん中のページで出会う、という筋書きです。

細かく書かれた挿絵の中にくうちゃんとかんたはどこにいるか探して楽しめる要素もありますので、文字が読めない小さな子供たちでも十分に楽しめると思います。

ぜひ、読んでみてくださいね。



迷路絵本

時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで
時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで
香川 元太郎

長男が小学校に入学してやっと1週間が過ぎました。
毎朝、朝ごはんを食べさせるのに必死です。
ぼやぼやしていると、登校班の集合時間になってしまいますから。

母はとにかく長男が出発するまでは「鬼モード」。
穏やかな朝を心がけるどころか、とにかく時間に家を出すために鬼になって長男を怒り・励まし、の連続です。

昨日、母がまた大声でもたもたしている長男に怒っていると
「ちょっと、うんち」
と長男はトイレに走って行きました。
いつも長男はゆっくりウンチ派なので、そこそこの時間をかけてトイレから出てきました。
やっとのこと、身支度が終わり、「行ってきます!」と元気よく出発した長男を見送って、やれやれ…と母も一息ついてトイレに行くと、何とそこには
「トイレットペーパーの芯のピラミッド」が!!!!!
トイレの出窓に高く積み上げられていたのです。本当に見事に。

きっと長男は母の怒りから逃れ、トイレでピラミッドづくりをしていたのでしょう。
あんな忙しいさなかにトイレットペーパーの芯を高く高く積み上げていたなんて!!
本当にマイペースで、豊かな感性の長男に負けた母です。

そんな長男と、夜、ゆっくりと楽しんだ絵本が、こちらの「時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで」です。
ストーリー性もあるのですが、基本的には迷路です。
いろいろ細かく描かれている絵をよく見て、発見しながら、楽しく道をたどって迷路を楽しめます。

つかれているときでも、気軽に楽しめる迷路絵本です。
ぜひ、楽しんでみてくださいね。



| 1/4PAGES | >>

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM