教訓とは

JUGEMテーマ:読書


本日ご紹介する「したきりすずめ」は、
あまりにも日本の昔話としてメジャーで、
このお話を知らない人や、聞いたことがない人は、
全国各地、各世代をみても、
やっぱり少数派なのではないかとさえ思えるようなお話ですので、

わざわざお話の概略を御紹介するまでもないのですが、

要は、

やさしいおじいさんと、
意地悪なおばあさん夫婦が登場し、

ある日おじいさんが山で畑仕事をしているときに、1羽の雀が登場。
おじいさんのお弁当を食べてしまいます。

このおじいさん「やさしい」おじいさんですから
お弁当を食べられたにもかかわらず、
このすずめに「おちょん」という名前までつけて、
しかも家に連れて帰り、ご飯を食べさせ
何かにつけては「おちょんや、おちょんや」と声をかけて、
それはそれはかわいがるのです。

一方おばあさんのほうは「いじわる」ですから、
このおじいさんのしていることは全く気に入りません。
ある日、洗濯物にのりをつけようと、
ご飯でつくったのりを、
このおちょんが食べてしまいます。

おこったおばあさん。
「こうしてくれる!」
といって、すずめの舌を、糸きりばさみでちょん切ってしまいます。

家に帰ってきて、話を聞いたおじいさんは、おちょん探しに出かけます。

途中、牛あらいさんや、馬あらいさんなどなどにであい、

それなりな無理難題を突き付けられても、
おちょんのために嫌な顔せず引きうけて、
おじいさんは、おちょんのすむ竹やぶへと進みます。

おちょんはおじいさんが来てくれると、
ごちそうを振る舞い、
おみやげに
「おおきなつづら」
「ちいさなつづら」
を出してきてくれます。

おじいさんは欲を出さずに、
「ちいさなつづら」
を持って帰り、家で開けてみると、
なんとそこには
金銀財宝がいっぱい!

欲を出したおばあさんは
「おおきなつづら」をもらうために、
ただ「おおきなつづら」をもらうためだけの目的で
おちょんのすむ竹やぶに行き、
そして「おみやげを出せ」
とまでいい放ち、
「おおきなつづら」
をもらって帰るのですが、このつづらから化け物が…


…というお話です。

昔話には、多いパターン「勧善懲悪」

善良な人や善良な行いは奨励し、悪者や悪い行いは懲こらしめるというパターンです。

私は、昔話といえども
「勧善懲悪」という考えを子供に教えるのは好きではないんです。

だって
「ちょっとぐらい悪いことをしても、懲らしめられない現実」
というのはたくさんありますし、

「かなり悪いことをしても、誰にもばれずに、懲らしめられることもない現実」
というパターンだって、確実にありますから。

それに「完全な善人もいないし、完全な悪人もいない」
と思いますから。

子供に伝えたいのは
「勧善懲悪」
ではなくて、

「因果応報」

誰かに懲らしめられるとか、
罰が下されるとか、
そういう外部からの力が下ることを教えるよりも、

人はよい行いをすればよい報いがあり、
悪い行いをすれば悪い報いがあるということ、

を教えていきたいと思います。

悪因悪果

善因善果

「したきりすずめ」を読むときも、
「悪いことをしたら、誰かにこらしめられるんだよ」
ではなくて、
「全ては自分のしたことが回ってくるんだよ」
と教えていきたいものです。



さて、「したきりすずめ」。
ネットで検索すると、あるわあるわ、100冊以上はヒットします。
色々ありますが、こちらの小沢正さん作のしたきりすずめは、
挿絵がとってもほのぼのとしていて、
おじいさんがさもやさしそうに描かれていますし、
おばあさんは、最後、
大きなつづらから化け物が出てきて怖くて逃げる羽目になるだけではなくて、
大きなつづらからでてきた大ヘビに、
かまれて、
そして、
しんでしまいます。

「え!しんじゃうの!」

と衝撃的に終わる昔話。

今よりもっと、死は、生にとなりあわせだったと思われるその昔、、
「長生きしたいなら、幸せに生きたいなら、
 たくさんいいことをするんだよ」

と強いメッセージが、子育てには切実に必要だったのかもしれません。

これも昔話らしさがあって、
大好きな絵本です。

是非、読んでみてくださいね。











飯野和好さんの挿絵の ぶんぶくちゃがま

JUGEMテーマ:読書



こちら、表紙画像がご紹介できなくて、とってもとっても残念なのですが

「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズで御存じの方も多いと思われる、

飯野和好さんの挿絵による、「ぶんぶくちゃがま」の絵本です。


挿絵がシュール。

「ぶんぶくちゃがま」なのに挿絵がシュール。

どちらかというと、未就学児向けの内容なのに、挿絵がシュールです。


小さい子向けの昔話は、本来のお話の流れを多少カットしながら短く読みやすくまとめて、挿絵は明るく大きくわかりやすく、が定番。

大きい子向けの昔話は、挿絵はともかく、本来のお話をできるだけカットしないで、人物描写や風景描写をつぶさに描き、読むと深く味わえる、が定番。

なのにこちらの絵本は
挿絵がシュール、なのに中身は小さい子向けに単純化されている、
…というミスマッチな雰囲気の漂う絵本なのです。

…ともかく読んでみました。

ある日、とあるタヌキが貧乏なお爺さんに出会います。
タヌキはお爺さんに儲け話を提案します。
「自分が茶釜に化けるから、それをお爺さんは高く売るといいよ」
お爺さんはその話にのりました。
タヌキはクルリンパッと上手に茶釜に化けました。
キンキラキンの、金の茶釜になりました。
お爺さんは、それをお寺の和尚さんに売りました。
和尚さんは「これはいいものだ」とたか〜いお金で買ってくれました。
和尚さんは、小僧さんに茶釜を洗うようにいいました。
小僧さんは茶釜を洗うと、茶釜は「痛い、痛い」と声を出しました。
それを聞いた和尚さん、「いい茶釜はそういう音がするものだ」といいました。
そしてあらった茶釜で、湯を沸かしました。
我慢できなくなった茶釜は、尻尾が生え、手が生え、足が生え、ぴゅーっと逃げて行きましたとさ。

…で終わってしまいました。

え〜!!
細かいところとか、この先の続きとか、とばしてる!
と、わが家の長男。

こんなシュールな挿絵なのに、お話が単純じゃないの!

っていうか、これじゃ、お爺さんが和尚さんをだまして終わって、悪い人みたいじゃないの!

…ていう、妙な不満が噴出してしまいました。


本当は、ぶんぶくちゃがまというお話は、ただの化けダヌキが、茶釜になって熱くて逃げて終わるお話ではないんです。

昔話ですから、地域ごとに色々なパターンはありますが

古道具屋の店先に置かれたり、

茶釜の姿から、完全な元のたぬきには戻れなくなってしまったり、

自分を買ってくれた、ご主人のために、「世にも珍しい茶釜タヌキ」として見世物になってお金を稼いだり、

御主人に感謝しながら命を全うして天国に旅立ったり。


そういう切なくけなげな、タヌキの人生のドラマ、ご主人との絆を描いた物語でもあるんです。

…とおもいつつ、ネットで調べてみましたら、飯野和好さん挿絵による昔話シリーズは、他にもありました。


飯野和義さん挿絵の、シュールな「あかずきんちゃん」

飯野和義さん挿絵の、シュールな「ながぐつをはいたねこ」

…なんだかどれも、見たくなるじゃないの!!

今度、図書館で探してみたいと思います。。。

七福神の物語

JUGEMテーマ:読書


「七福神」を知らない日本人は、そういないのではないでしょうか

でも「七福神って誰?」ということを具体的にイメージできる人は意外と少ないのではないでしょうか。

いつか何かの豆知識で読んだ時には「七福神はほとんど外国人(インドとかの)」で、日本人は一人だけ…というようなことを聞いて「へ〜ぇ」と思ったことはありましたが、それを聞いても、「七福神って誰?」ということを具体的にイメージすることはできず・・・

絵本もたくさんありますが、「七福神」の絵本は意外と少ないです。
「えびすさんと6人のなかまたち 」というタイトルの、「恵比寿様の仲間?」という切り口自体がとても斬新な感じがして、興味を持って読みましたが、読んでみると、結構面白く感じる絵本でした。


まず、えびす様が魚釣りをしているところからお話は始まります。
いつもいつも思うようには釣れないのに、その日はなぜか立派な鯛が1匹つれ、
塩焼にして食べようか、刺身にして食べようかと考えていると、
突然つられた鯛が話し始めます。

「どうぞ私を食べないで。」



お話はこんな感じで始まります。
恵比寿様は七福神の中で、確かに釣りざおと鯛を持っている人。
はぁ、こんなエピソードから、こういうものを持っていたんだなぁ、と納得。

鯛を殺さなかったお礼として、立派な船を用意してもらい、
その船に乗って、6人の「仲間たち」と出会っていきます。

結局、「何でこの人が仲間に加わったの?」という理由がはっきりしない仲間も登場するけれど、
それでもちょっとした七福神の出会いの部分がわかったような気がして、楽しく読めました。

七福神が集まった目的は

「世の中をよくするため。」

よくわからない七福神。でも確かに福々しくって、いかにも縁起が好さそうな七福神。
そんな謎多き七福神に、ほんのすこーしだけ近づける絵本です。

是非、読んでみてくださいね。











沖縄の昔話 赤牛モウサー

JUGEMテーマ:読書


年取って使い物にならず、またはやせこけて力が出ず、飼い主から捨てられた動物が、驚くほどたくましく、その後を生きる物語って時々あります。
「ブレーメンの音楽隊」もその代表選手といえます。

こちらの「赤牛モウサー」もそんなお話。
意地悪なお金持ちの飼い主が、年取ったモウサーはもう使い物にならないといって、ただ杭に縛り付けておき、痩せこけて死を待つばかりの状態だったところを、心やさしい貧乏な若者が助けてやります。
不思議なことにモウサーは人の言葉を話します。
そしてモウサーは若者に知恵を貸してやり、二人で一緒に、意地悪な金持ち旦那をやっつけるお話です。

お話の随所に沖縄風情のただよう景色も描かれておりますが、何といってもこのお話の見どころはクライマックスで、金持ち旦那のお気に入りの太った黒牛と、モウサーとが闘牛で対決をするシーンです。

あとがきによると、沖縄では闘牛が盛んだったとか。
沖縄の香り漂う昔話です。

ぜひ、読んでみてくださいね。







にぎりめしのすきなだいじゃ

JUGEMテーマ:読書


震災後、数日の間断水と停電を経験し、水の大切さを身をもって体験することができました。
停電も不便ではありますが、水はまさに「命の水」。
これがなければ生きることができないのに、今までなんと、無意識に使ってきたことかと反省するきっかけになりました。
手を洗い、顔をあらい、お風呂に入ることは命のお洗濯、
物を食べ、食べた後の片付けをし、水を飲むことは命をつなぐうえで欠かせず、
一日数回のトイレのたびにもかならず水は必要で、
同じ場所に暮らす人の人数分、お水は消費するものなのに、それをつかって当たり前というような感覚がありました。

身の回りにある様々な自然の恵みに、一つ一つ、気づかされることのふえた今日この頃です。


さて、絵本の読み聞かせは毎日続けておりますが、不安げな子どものために、ほっとするお話をチョイスして読むようにしています。

こちらの「にぎりめしのすきなだいじゃ」はある日、山の中で一晩こすこととなった男が、偶然にも、
「今日生まれた子は、12になったときに大蛇にのまれて死ぬ」
という運命を聞かされてしまう物語。
「今日生まれた子」とはまさに男の家に生まれた息子のことでした

そこで聞いたわが子の運命の話は誰にも明かさずにわが子を育て、息子が12になった時にある知恵をつかってわが子を助ける物語。

案外簡単に、あっさりと大蛇を追っ払ってしまいますからはらはらせずに「よかったね」と感じられるお話です。

日本の昔話らしい昔話でおすすめです

ぜひ読んでみてくださいね。




おにのくび

おにのくび (むかしむかしばなし)
水谷 章三,矢野 徳

昔話と一口に申しましても、面白い昔話、悲しい昔話、怖い昔話、地方限定的な昔話、というように、ジャンルはいろいろとあるものですが、このお話は「怖い昔話」であるといえます。

物語は、仲むつまじい夫婦と子供の3人家族の妻と子が、ある日、男が仕事で留守中に、鬼に食べられてしまうことから始まります。
あまりにもショッキングな出来事ではありましたが、男は妻と子供を食べた鬼に向かって行き、見事鬼の首をはねたのでありました。

妻と子の仇をとったと思いきや、鬼の首は首だけで動きだし、飛びあがって男の左肩にがっぷりとかみつきます。
めちゃくちゃに振ってもその鬼の首は男の肩から離れません。

生きることにも希望を失った男は、左肩に鬼をつけたまんま、風呂敷で鬼の首を隠し、もう、ものもらいにでもなろうと思って家を出るのでした。

旅の途中、宿屋で一夜を明かそうと宿に泊まった男でしたが、その夜の宿のごちそうは、草もちでありました。
季節は春。そのおいしそうな草餅に、鬼は首だけでありながら草もちを食べたがりました。

夜中、宿の台所には草もちが余っているだろうと忍び込み、男は鬼に草もちを食べさせます。
鬼は首だけでありながら、大層喜び、首だけの姿のままで男の肩から離れ、跳ねるようにして草もちのところへ行き、食べ始めるのでした。

いまだ!と思った男は逃げだしました。走って逃げて行きましたが、鬼は男が逃げたとじき気がつき、首だけでありながらものすごい速さで追いかけてきました。

ああもうだめだ、捕まる!と思ったその時、ショウブとヨモギの草むらがありました。
男はその草むらに転がり込みました。
鬼の首は…

--------------------------

首だけでも不死身である鬼の姿は恐ろしく、男を追いかけるシーンでも思わず息をのんでしまいます。

どこの地方の昔話かわかりませんが、各地方にそれぞれの特徴をもって伝わってる「ショウブとヨモギ」のお話です。「食わず女房」の物語でなじんでいる方もいるかもしれまんね。

やっぱり「怖い昔話」も読んでいてわくわくするような面白さがあります。
ぜひ、読んでみてくださいね。

たべられたやまんば

たべられたやまんば
松谷 みよ子,瀬川 康男

「たべられたやまんば」という題を聞いても「あぁ!あのお話!」とわかる方は少ないかもしれませんが、「3まいのおふだ」と聞けばピンとくる方も多いのではないでしょうか。

昔話は同じような物語でもいろいろな地域ごとに、語り継がれていますから、絵本でも、同じ物語がいろいろな形で再話されていることが多いものです。

「たべられたやまんば」は瀬川さんの絵が、とっても昔話らしいタッチで、やまんばの絵が恐ろしげで、どんなお話だろうと興味を持って図書館から借りてきましたが、いざ読んでみると、「3枚のおふだだ!」と子供たち。

-----------------
小僧さんはある日、山へクリ拾いに出かけ、山の中で一人のおばあさんに出会います。
「夜になったらおいで」と言われた小僧さん。和尚さんが止めるのも聞かず、仕方なく和尚さんが渡した3枚のお札を持って、喜んで山へ出かけました。

山へ着いてみると、おばあさんは優しく鍋いっぱいの栗を小僧さんにごちそうしてくれて、小僧さんは、もうおなかいっぱいになって、おばあさんの家で眠り込んでしまいました。

さて真夜中。小僧さんはふと眼を覚ますとなにやら物音がします。
おばあさんを見るとなんとも恐ろしげなやまんばの姿。
小僧さんは怖くなって、逃げようと、「小便行きたい」と言いますが、やまんばは逃がさないよう、小僧に縄をしばりつけ、小便に行かせます。
小僧さんは急いで便所の柱に縄をしばりつけ、お札に自分の身代りを頼むと一目散に逃げて行きました。
なかなか小僧が戻ってこないものだから、「小僧、まだか」と聞くと、お札が代わりに「まだ、まあだ」…

-----------------

読み聞かせている母の私にとっては、小さいころから慣れ親しみ、本がなくてもお話してあげられるほどの、なじみ深い物語です。

東北訛りかな?と思われる文章の語り口も、この物語にぴったり合って、良いテンポで読んで上げられます。

ぜひ、声に出して読んでみてくださいね。






いもごろごろ

いもごろごろ (日本の民話えほん)
いもごろごろ (日本の民話えほん)
川村 たかし

我が家の長男の好物のひとつは、里芋です。
しょうゆベースの味付けで、キノコや根菜、お肉と一緒に煮込んだ汁物にして出してあげると、何杯でもおかわりして食べてくれます。

おそらくは、この絵本の「いも」も、ジャガイモではなく、あのヌルヌルした里芋かもしれません。

題名の通り、イモが転がってしまう物語です。

----------------------------
あるときとある村の衆が、庄屋様と一緒に大阪見物に行くことになった。
村人たちは大阪見物なんて生まれて初めて。
大阪の礼儀作法も、わかりません。

そんなとき、庄屋様はポンと胸をたたいてこういった。
「任せなさい。こまったら、わしのまねをしておればいい」

みんな安心して庄屋様についていった。
…実は庄屋様も大阪見物は生まれて初めて。だから宿屋に泊まるとき、そっと番頭さんにこういった。
「わしらは大阪始めてじゃから、ちいと、礼儀作法が違うかもしれんが、見逃してな。」

さて、その夜のこと。
宿屋のごちそうが御膳に並び、村の衆は席に着いた。

初めの一杯は女中さんがどぶろくをついでくれた。
それを庄屋様はずずっと飲みほし「ん、んまい」。
それを見ていた村の衆も、ずずっと飲みほし「ん、んまい」。

ちょっとあわてた庄屋様は、どぶろくにむせてしまい、「コホン、コホン」。
それを見ていた村の衆も、庄屋様に続いてどぶろくにむせ、「コホン、コホン」。


そして次は白ごはん。さすがの庄屋様でもめったに食べられないような白飯をがつがつと口に運び、庄屋様はのどに詰まって目を白黒させた。
それを見ていた村の衆は、それまねをしろと、庄屋様と同じように白飯をがつがつと口にはこび、目を白黒。


----------------------------

終始こんな調子で「おいもごろごろ」へとつながっていきます。
単純なパターンの繰り返しではありますが、小2の長男は腹を抱えて笑いました。

面白い昔話、知っておきたい昔話のひとつです。
ぜひ読んでみてくださいね。

かえるをのんだら…

かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本)
かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本)
日野 十成,斎藤 隆夫

昔話ならではの、面白みのある展開の絵本です。

------------------
むかし、あるところに、ととさんとかかさんがおった。
ある日ととさんは腹が痛くて痛くてかなわない。
ととさんは、どうしたものかとかかさんに聞くと、かかさんは言った。
「和尚様に聞いて見なされ」

ととさんは、お寺の和尚様に腹いたを治す方法を聞いてみた。
和尚さんは言った。
「そんなら、かえるをのむといい」

ととさんは、言われたとおり、かえるをくいっと飲み込んだ。
すると、腹の中にいた虫を、かえるが食べてくれたので、腹いたはけろっと治った。
ところが、腹の中にカエルがいると、今度は気持ちが悪くてならなかった。
またどうしたものかと、ととさんはかかさんに聞いた。
かかさんは言った。「和尚様に聞いて見なされ」

ととさんは、お寺の和尚様に聞いてみた。
和尚さんは言った。
「そんなら、へびをのむといい」


カエルの次はヘビ、蛇の次はキジ、キジの次は猟師…と、ととさんは次々にとんでもないものをのみこんでいきます。
最後は…
------------------

こんなに次々大きなものをのみこんじゃってどうするのー!!とちょっと予想がつかない物語です。
結末は、「なあるほど!!」とすごく納得のいく物語。

どんなふうに、腹の具合を解決するかは、是非、読んでみてくださいね。

牛若丸

牛若丸 (京の絵本)
牛若丸 (京の絵本)
牧村 則村,箱崎 睦昌,上田 正昭,梅原 猛

「牛若丸」の物語は、これまでにもいくつか読んだことがあり、知っているお話ではあったのですが、こちらの絵本は何となく挿絵がきれいだなと思って図書館から借りてきた絵本です。

「源氏」の大将であった源義朝(みなもとのよしとも)の子として生まれた牛若丸がのちの源義経であることは、ほかの絵本にもだいたい書かれてあることですので、子どもたちも分かっているのですが、子供用に短縮して編集されている絵本の多くは、細かい部分をほとんど省いた文章で構成されています。
なぜ母と牛若丸、ほか二人の兄は逃げなければならなかったのか、
なぜ、あまりにも源義朝と血の近い牛若丸と兄たち、そして母は、平清盛に殺されることをまぬがれ生かされたのか、
なぜ牛若丸は親と離れて寺で育てられたのか、
なぜ牛若丸は笛をよくふいていたのか、
なぜ牛若丸は大きくなって寺を出て、五条の大橋で弁慶と出会ったのか、
なぜ牛若丸は「源氏」とは姓も異なる奥州藤原氏のお世話になったのか、
など、子供たちが理解していなかった牛若丸の物語が、この絵本には丁寧にわかりやすく書かれてあり、数ある「牛若丸」の絵本の中でも秀逸と思った絵本です。

このお話の中では、源義朝が平清盛の軍に殺されたあと、牛若丸と母、そして母と一緒に逃げた二人の兄、が出てきますが、そのほかに牛若丸の祖母である「関(せき)」も登場します。
子供の絵本にはなかなか登場することのない、この牛若丸の祖母は、自分の命を張ってわが子と孫を守ろうとします。このくだりは読んでいる母のほうが心打たれるものがありました。

源義経、牛若丸の物語には諸説あるとは思いますが、子どもにわかりやすいお話としてはとっても良い絵本だと思います。
ぜひ、読んでみてくださいね。



| 1/6PAGES | >>

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM